業界の紹介

光工学はドイツにおける12のキーテクノロジーのひとつであり、バイエルン州では約2万人が従事する産業です。 2005年に163億ユーロだった生産規模は80.3 %の高い成長を遂げ、2014年には294億ユーロまで拡大しました。 バイエルン州は、照明技術、情報技術、通信技術の各分野でそれぞれ国内50%を超える高い生産シェアを誇っています。また、医療技術およびライフサイエンスにおけるシェアは約25%です。

Agata Butenko

Manager Investor Services

+49 89 24210-7525 [email protected]

Prinzregentenstr. 22
80538 Munich

20000.00
バイエルン州の光工学産業の就業者数

バイエルン州のフォトニクス業界は、他の多くの業界にとっても重要な産業となっています。たとえばレーザー技術、光学機器の生産、光学機器デザイン、光測定機器・センサー、照明、光情報通信技術は、フォトニクスと特に関連の深い産業です。さらに、フォトニクスは「バイオフォトニクス/ライフサイエンス」分野にとっても欠かせません。このように、バイエルン州のフォトニクス業界は非常に裾野の広い産業となっています。また、バイエルン州にはフィコサ社(Ficosa)と子会社のアダセンス・オートモーティブ(Adasens Automotive)社、アグファ・ゲバルト・ヘルスケア(Agfa-Gevaert HealthCare)社、シル・オプティクス(Sill Optik)社、オスラム・オプト・セミコンダクターズ(Osram Opto Semiconductors)社、メンロ・システムズ(Menlo Systems)社、トプティカ・フォトニクス(Toptica Photonics)社等のグローバルプレーヤーが進出しています。バイエルン州で最も光学技術産業に重点を置いているのは、ミュンヘン・アウグスブルク地域、エアランゲン・ニュルンベルク地域、レーゲンスブルク地域です。

  • 人材&研究 minus
  • 拠点マップ

    バイエルン州のフォトニクス産業企業

    なぜバイエルン州か

    バイエルン州は多くの分野で卓越した地位を占めており、その強い経済力によって、定住に理想的です

    当州のサポート

    バイエルン州におけるあなたの会社の成長のために、当州はあなたを強くバックアップします:無料、守秘、そして効率的。

    お気軽にお問い合わせください

    Category*

    Please select

    arrow
    Branch

    Please select

    arrow
    Country*

    Please select

    arrow
    * Mandatory fields