バイエルン州の経済:先端技術と競争力

610.00
ユーロがバイエルン州のGDPです

バイエルン州はEU加盟28か国のうち22か国を超えており、国内総生産は6,100億ユーロ(2020年現在)です。住民1人あたりの経済的パフォーマンスは46,489ユーロで、ドイツとヨーロッパの平均をはるかに上回っております(2020年現在)。

グローバルな市場であるバイエルン州を拠点とする企業には、アディダス、アリアンツ、アウディ、BMW、EADS、MAN、シーメンスといった世界的大企業が名を連ねるのみならず、工業、手工業、サービス業の分野で、競争力のある中小企業が経済を支えています。つまり、進出企業はここで多種多様な競争力のあるサプライヤー、潜在的顧客、業務提携先を見つけられるのです。

バイエルン州の強みは多分野にわたります。

  • ほぼ全ての新技術分野において、国内外トップクラスの技術レベルを誇ります
  • ドイツ国内の市場規模を見ますと、保険業は第1位、銀行業は第2位
  • 観光業では第1位です
  • ミュンヘンおよびニュルンベルクの見本市会場は国際的に高く評価されています
  • また、交通・通信・エネルギー網が完璧に整備されています
  • レベルの高い職業訓練、継続教育に加え、研究・技術振興を積極的に行っており、GDPに占める研究開発費は約3%と、世界トップクラスの水準を達成しています。

一目でわかるバイエルン州の経済

70.00

% ― GDP成長率(2010-2020年)

25304.00

ユーロ ― 住民一人あたりの可処分所得(2020年)

30.80

% ― バイエルン州のドイツ全体に対する特許申請数の割合 (2020)

33238.00

バイエルン州への転入者数(2020年、純移動)

101.00
今月の数字

101件のプロジェクト、うち89件が新規誘致ケースであり、2020年を終結しました。これで2020 年度はInvest in Bavariaの歴史上これまでで最も成功を見た年でした。多くの起業を含むお世話させていただいた企業は37カ国からに及び – バイエルンが世界中で先端のイノベーション拠点として評価されている証左でした。

調査

イノベーションは白と青:既に何年もそうであるように、2017年のドイツ特許商標庁の報告でもバイエルン州は他の州を抜いて特許申請数件数がトップとなりました。バイエルンのイノベーション力の高さは他にもケルンのドイツ経済研究所が出した最新の報告書「イノベーションアトラス2017-ドイツ経済圏の革新力比較-」が明らかにしている。

グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート2018 – ミュンヘンはトップクラス:世界で最も重要とされるスタートアップ・エコシステムについての調査で、ミュンヘンはグローバルな役割を果たす有望な経済立地として注目されている。特にヘルスケアとライフサイエンス、フィンテック、そしてモビリティ/先端製造技術/ロボティックスの分野で高い評価を得ている。

バイエルン- 将来性のある強力な産業立地: バイエルン州は有望な産業立地である。数十年後もバイエルン州はその強力な産業によって指導的な地位を保っているだろう、との結果がバイエルン州経済連盟(vbw=Vereinigung der Bayerischen Wirtschaft e. V.)の委託を受けたプログノス社(Prognos AG)の最新の調査で発表された。

都市&地域

バイエルン州はドイツ最大の州です。7万平方キロメートル以上の広大な土地は7つの行政管区に分けられ、1200万人以上が生活し、働いています。
州内最大のミュンヘンとニュルンベルクをはじめとする人口10万人以上の8都市はもちろん、地方の存在も忘れてはなりません。州面積の85%を占める地方部は、州人口の約6割にあたるおよそ800万人の生活の場、経済圏および労働の場として、重要な役割を果たしています。

その他の情報

バイエルン州統計局ではさまざまな経済統計データをご覧いただけます。

お気軽にお問い合わせください

Category*

Please select

arrow
Branch

Please select

arrow
Country*

Please select

arrow
* Mandatory fields