モビリティを気候中立的に形成するために、バイエルン州のユニコーン企業が、業界横断的なイノベーションをどのように利用しているのか。

州間バス交通が、水素発電電流に出会う

2013年に設立されて以来、ミュンヘンに本社を置くFlixMobilityは、ヨーロッパ中の何百万もの人々の旅行習慣を根本的に変えてきました。ベストプラクティス:インテリジェントなデジタル化を通じて、バス旅行を新たに作り直します。現在、FlixMobilityはユニコーンとしての地位を持ち、36か国の2,500を超える目的地と結びついています。しかし、あらためて考え直すことは、これだけにとどまりません。同社は、自社のフリートを気候中立的に形成するために、さまざまなパートナーと協力しています。Freudenberg Sealing Technologiesと協力して、同社は燃料電池エンジンを備えたバスを路上で走らせることに務めています。英国の会社Trailarとのパイロットプロジェクトでは、FlixMobilityは、CO2排出量も削減しようとしています - これは、バスの太陽電池の助けを借りてのことです。

  • 01
  • 03

(4つの理由)このため、バイエルン州はモビリティの分野における業界横断的なイノベーションに非常に優れています。

多岐にわたるビジネスの可能性 バイエルン州は、自動車産業、航空宇宙産業にとって強力な産業立地であり、世界的に有名です。モビリティの分野では、スタートアップ、研究機関、大学の学部、投資家およびアクセラレーターで構成される、活発なエコシステムにまで発展しました。こうして、バイエルン州は未来のモビリティコンセプトの「テストラボ」になりました。
 

能力のある人へのアプローチ 世界水準にある30の大学と専門大学がバイエルン州に存在します - これは、専門学校と二元制学習によって、確立された社内トレーニングシステムにつながっています。したがって、年々、モビリティ業界は、業界の未来を形成する、高度な専門的能力のある新人の輩出を喜んでいます。

効果的なネットワーク Cluster-Offensiveの一環として、バイエルン州はモビリティ部門も推進しています。自動車製造、航空宇宙および鉄道技術の3つのクラスターは、コラボレートされたプロジェクトの組織編成において中心的な役割を果たしています。さらに、過去20年間に - 例えば、ミュンヘン工科大学のDigital Hub Mobilityといった - 多数の新しいイノベーションセンター、および特別なトピックのための新しいネットワークが発展しました。

 

グローカルな視点 バイエルン州のモビリティ部門は、もちろん、ローカルな市場で活動しているだけではありません。ほとんどの企業はグローバルに活動しており、国際的なパートナーともコラボレートしています。さらに、シンクタンクや大学の重要な研究開発プロジェクトは、国境を越えた協力に基礎をおいています。

なぜバイエルン州がモビリティ&エアロスペースにとってイノベーションの良い土壌になるのか、その理由についてもっと詳しくお知りになりたいですか?

DräxlmaierとBMW

DräxlmaierBMWは、スマートな新パートナーシップによって、電気自動車の内装用の持続可能な素材を開発しています。
バイエルン州の自動車会社は、「ジョイントプロジェクト」を軌道に乗せる方法を正確に知っています。たとえば、BMWとそのサプライヤーであるDräxlmaierは、電動車両の内装用に、特に軽量で「グリーン」な素材としてケナフを使用しています。このために、両社は、国際開発協力の主導的な組織であるGIZ、およびそのパートナーであるRainforest Allianceと連携して、バングラデシュの約1,000の小さな農場がケナフを生産できるようにするプロジェクトを立ち上げました。これによって、メーカーは原材料の継続的な供給 - そして関係する農家の確実な収入に配慮して、これを確かなものとしました。

MT Aerospace AG

MT Aerospaceとボーイングとの国境を越えたプロジェクトは、NASAに金属成形のための高精度ソリューションを供給しています。
アウクスブルクに本拠を置くMTAerospaceは、宇宙輸送、衛星および航空機機器の分野で国際的にリードしている企業です。両社は、金属素材および複合素材で作られた軽量化構造のマーケットリーダーの1つと見なされており、有人宇宙飛行ミッションのための航空宇宙産業分野における新しい成形技術の使用を促進するという任務を負っています。MT Aerospaceは、ボーイングと共同で、ボーイングが製造したNASAのスペースローンチシステム(SLS)の第1段階の製造と資格取得など、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます - それは、これまでに製造された中で最も強力なロケットです。SLSが将来、NASAのArtemis-I-Mondmission の一環として宇宙への道を歩み始めるとき、そのタンク構造はアウクスブルク製になります。これによって、MT Aerospaceは、ロケットの製造に貢献している、米国の全50州とヨーロッパ全体からの約3,800のサプライヤーの1つに算入されることになります - これこそ、真にグローバルな業界横断的イノベーションプロジェクトです。
バイエルン州の航空宇宙産業の概略をご覧になるには、ここをクリックしてください。

モビリティ&航空宇宙分野でのネットワーキングの機会をお探しですか?

あなたの会社の構築そして成長のために、バイエルン州が用意しているアドバンテージをどのように利用できるか、これをご覧いただければ幸いです。自由国家バイエルン州の企業誘致エージェンシーとして、私たちのサービスは無料です。

共通のビジョンと情熱を持つことで、Hyperloop Teamは、最高のパフォーマンスのために、どのように動機付けされたでしょうか?

TUM-Hyperloop-Teamについて:2015年、ミュンヘン工科大学(TUM)で、SpaceX Hyperloop Pod Competitionsのプロトタイプを開発および構築するための学生イニシアチブが設立されました。最近5年間で、このチームはすべての競技会で優勝しています。Hyperloopは、乗客と貨物のための超高速陸上輸送システムです。対応するコンセプトは、TeslaおよびSpaceXのCEOであるイーロン・マスク(Elon Musk)によるホワイトペーパー(2013)に由来します。

バイエルン州は、世界をリードする未来のモビリティの「テストラボ」です。業界横断的イノベーションの他の例をご覧ください。

ニュルンベルク:
Zentrum
Wasserstoff.Bayern

インゴルシュタット:
Urban Air Mobility
Initiative

Digitales Testfeld
Autobahn

お気軽にお問い合わせください

Category*
Please select
arrow
Branch
Please select
arrow
Country*
Please select
arrow
* Mandatory fields

Philipp Gleißner

Deputy Head of Investor Services (acting)

+49 89 24210-7504 [email protected]

Prinzregentenstr. 22
80538 Munich