ヨーロッパをリードするMQVミュンヘン量子バレー

量子コンピューティングとバイエルン州の出会い

2021年に創立されたミュンヘン量子バレー (MQV) は、バイエルン州を量子科学技術の研究と実用化におけるヨーロッパ拠点とすることを目指しています。この組織は、40の学術機関、研究団体、および企業の支援を受けながら、研究の促進、QSTの実装化、今後の課題に取り組む若い専門家の育成を、包括した3段階の戦略で推進しています。

QSTとQCにおける全領域で取り組むミュンヘン量子バレーは、量子コンピュータの構築と運用や産業界とのコラボレーションを促進し、スタートアップ企業のためのハイテクインフラ環境とリソースを提供しながら、その調査能力を統括します。また、MQVは量子コンピュータの未来を見据えた科学技術分野の資格や継続教育を促し、次世代のQSTを担う才能の育成に最高の環境を整えています。しかし、バイエルン州でQSTの研究を進めているのは、MQVだけにとどまりません。

その概要は、こちらでご覧いただけます。

01 04

バイエルン州が量子コンピューティングの世界でクロスインダストリーなイノベーションを推進する理由。

バイエルン州が量子コンピューティングの世界でクロスインダストリーなイノベーションを推進する理由。

 

さまざまなビジネスチャンス

QST分野のサプライヤーのみならず、当技術に投資する多くの大企業にとって好立地なバイエルン州は、フォトニクス、半導体、低温物理学、検査・制御技術などの大手企業が拠点を置き、QSTセクターのさまざまなビジネスチャンスを備えた場所です。また、当地には、医療、半導体、金融サービス、自動車、航空宇宙、物流などの業界でQSTの利を得る主要企業が多数所在しています。

 

人材の登竜門

バイエルン州のQSTイノベーション・エコシステムの心臓部は、能率のよいネットワークに支えられたミュンヘン量子バレーです。同州のアウグスブルク、ヴュルツブルク、エアランゲン、レーゲンスブルクの各大学が強力なハブとして機能しながら、一方でマックス・プランク研究所やフラウンホーファー研究所などの機関は、大型プロジェクトの共同研究を進めています。その結果、今日すでにイノベーションを促進する強力なネットワークが構築されています。

高効率ネットワーク

量子力学研究の最先端を行くバイエルン州の主要大学は、将来の量子科学者を育成することで、当地での人材の発掘を容易にしています。そこでは今後数年の間、実践に強い若いプロフェッショナル達を教育する職業訓練プログラムの実施が計画されています。

 

 

グローカルな視点

バイエルン州の量子イニシアティブは州内に留まることなく、世界中のパートナーとの密接なネットワークも生み出しました。バイエルン州の研究開発センターでこのテーマに取り組んでいるのは、IBMやマイクロソフトなどの大企業だけではありません。多くの国際的なスタートアップ企業が、このダイナミックなエコシステムに賛同し、集まってきています。

バイエルン州が量子コンピューティングのイノベーションハブである理由について、もっとご覧になりたいですか?

IQM

バイエルン州に進出したフィンランドのスケールアップ企業IQMは、いかにQSTを気候危機対策に活用するか

フィンランド・バイエルン系のIQM社は、ヨーロッパの量子コンピューティングをリードする企業として、HPCセンター、研究機関、企業向け超電導量子コンピュータを欧州全域で構築しています。IQMの経営陣と投資家達は、まさに汎欧州的なグループといえましょう。現行の計算能力では不可能とされた課題にソリューションを導く量子コンピューティングは、気候危機に立ち向かう際の重要な役割を果たします。さらに、電力や燃料の脱炭素化、工業プロセスの再設計、食品産業や林業の改革などへの応用も可能です。IQMが国際的に事業を拡大し、製品開発の加速を図ると同時に、気候変動の危機に対処する量子プロセッサの開発に注力する理由がここにあります。

planqc

量子技術へ革新のアプローチをとるplanqc

 

Planqc社は、ミュンヘン量子バレーから生まれた最初のスタートアップ企業です。そこでは研究機関と産業界のパートナーとの大規模なネットワークにより、新規事業立ち上げのためのユニークな量子エコシステムを賛助しています。planqcのプロセッサは光で作り出した原子で人工結晶を形成し、量子コンピュータの高いスケーラビリティを実現します。

量子コンピューティング・ネットワークへの糸口をお探しですか?

画期的なコンピューティング – 量子コンピュータ。
なぜ量子科学研究の先駆ける拠点としてドイツが適しているのか?

Cambridge Quantum社は、量子技術の世界で科学をリードするグローバル企業 Quantinuumの子会社です。 Cambridge Quantumは、2021年にミュンヘン量子バレーのすぐ近くにミュンヘンオフィスを開設しました。創業者であるイリヤス・カーン氏に、ミュンヘンのQTエコシステムの強みと、量子コンピュータを市場向けにする必要条件についてお話を伺いました。

Quantum Landing Pad (量子ランディング・パッド) –
ヨーロッパの量子科学の首都であるミュンヘンとバイエルンへのゲートウェイ

ドイツまたはヨーロッパへの移転をお考えですか?このたび、パートナーであるミュンヘン量子バレーおよびミュンヘン工科大学の量子ベンチャーラボと共に、海外からのスケールアップの受け入れに特化した「Quantum Landing Pad(量子ランディング・パッド)」を設立しました。これにより、貴社には3人の強い味方ができることになります。私たちは、最初の市場調査から、新しい事務所や研究所の移転にいたるまで、貴社とともに歩んでいきます。これに対し、貴社に求められるものは何でしょうか?私たちのエコシステムへ積極的に参加していただくことだけです。このサービスに料金はかかりません。

量子コンピューティング

未来を創る – 量子科学とその技術 (QST) の応用分野を探る

量子コンピューティングとシミュレーション
量子情報理論とソフトウェア
量子情報通信と量子暗号技術
量子センシングと計測
量子マテリアル

量子コンピューティング

量子コンピューティング

未来を創る量子科学とその技術 (QST) の応用分野を探る

バイエルン州の量子コンピューティング・コミュニティにおける大企業の新たな挑戦

Airbus(Taufkirchen、ドイツ)

BMWグループとアマゾンウェブサービスとの提携


高級車メーカーBMW

バイエルン州のクロスインダストリーイノベーションの現場をご体験なさいませんか。

私たちは年間を通して、人工知能からモビリティ、航空宇宙、ライフサイエンスに至るまで、バイエルン州のクロスインダストリー・イノベーションで起っている事例をお伝えしています。

人工知能

金融工学/保険工学

IoT&インダストリー4.0に

Mobility & Aerospace

ライフサイエンス

Category*
Please select
arrow
Branch
Please select
arrow
Salutation*
Please select
arrow
Country*
Please select
arrow
* Mandatory fields