フォトニクス 光工学はドイツにおける12のキーテクノロジーのひとつであり、バイエルン州では約2万人が従事する産業です。

イベント

当該分野に関するイベントはありません。

イベントカレンダーへ

ブログの最新記事

闇を照らすバイエルンの光工学とセンサー技術

闇を照らすバイエルンの光工学とセンサー技術

続きを読む

担当者

Eva Apfel

Eva Apfel

+49 89 24210-7512

イベント

今後&過去のイベントフォトニクス

  • 08.12.2020 Automatica 2020
  • 19.01.2021 Bavaria & Peru: Innovation and...
  • 19.01.2021 Bavaria & Peru: Innovation and... more

業界の紹介

光工学はドイツにおける12のキーテクノロジーのひとつであり、バイエルン州では約2万人が従事する産業です。 2005年に163億ユーロだった生産規模は80.3 %の高い成長を遂げ、2014年には294億ユーロまで拡大しました。 バイエルン州は、照明技術、情報技術、通信技術の各分野でそれぞれ国内50%を超える高い生産シェアを誇っています。また、医療技術およびライフサイエンスにおけるシェアは約25%です。

20,000 バイエルン州の光工学産業の就業者数

バイエルン州のフォトニクス業界は、他の多くの業界にとっても重要な産業となっています。たとえばレーザー技術、光学機器の生産、光学機器デザイン、光測定機器・センサー、照明、光情報通信技術は、フォトニクスと特に関連の深い産業です。さらに、フォトニクスは「バイオフォトニクス/ライフサイエンス」分野にとっても欠かせません。このように、バイエルン州のフォトニクス業界は非常に裾野の広い産業となっています。また、バイエルン州にはフィコサ社(Ficosa)と子会社のアダセンス・オートモーティブ(Adasens Automotive)社、アグファ・ゲバルト・ヘルスケア(Agfa-Gevaert HealthCare)社、シル・オプティクス(Sill Optik)社、オスラム・オプト・セミコンダクターズ(Osram Opto Semiconductors)社、メンロ・システムズ(Menlo Systems)社、トプティカ・フォトニクス(Toptica Photonics)社等のグローバルプレーヤーが進出しています。バイエルン州で最も光学技術産業に重点を置いているのは、ミュンヘン・アウグスブルク地域、エアランゲン・ニュルンベルク地域、レーゲンスブルク地域です。

人材&研究

フォトニクスの研究は9の大学、17の応用科学系専門単科大学、8の研究機関で行われており、バイエルン州の光工学は基礎研究と応用研究の両方の分野において世界の最先端にあります。高等教育機関では、アンベルク=ヴァイデン専門単科大学の「機械製造・レーザー技術」、デッゲンドルフ専門単科大学の「メカトロニクス‐光学エンジニアリング」、ニュルンベルク・ゲオルグ=シモン=オーム専門単科大学の「電子&メカトロニクスシステム フォトニクス専科」、ミュンヘン応用技術専門単科大学の「フォトニクス」が光工学のコースを提供しています。

また、高等教育機関のほかにも、フォトニクスで有名な研究機関が多々存在します。たとえば、オーバープファッフェンホーフェンのドイツ航空宇宙研究所(DLR)、フラウンホーファー集積回路研究所(IIS)(エアランゲン)、フラウンホーファーケイ酸塩研究所(ISC)(ヴュルツブルク)です。また、バイエルン州のフォトニクス関連企業も、大学と連携を図りながら半導体レーザーや高出力レーザーの研究を行っています。バイエルン州のコンピテンスネットワーク「バイエルン・フォトニクス」戦略的パートナーシップ・センサー技術(Strategische Partnerschaft Sensorik e.V.)は、企業のための職業研修の実施や優秀な人材の仲介のほか、業界内の専門家同士の交流や技術移転のためのサポートを行っています。

ネットワーク

バイエルン州における光工学分野の研究、メーカー、ユーザーの中心的な窓口としてさまざまな活動をコーディネートするのはバイエルン州フォトニクス・クラスターです。現在約80のメンバーが参加しています。クラスターでは光工学産業の企業に対して、教育・研修プログラム、イノベーション管理、業界マーケティング、スタートアップへのコンサルティング等のサービスを提供しています。ネットワークのメンバーは、新規市場やパートナー、サプライヤへのスムーズなアクセス、研究プロジェクト実施に向けたサポート、研究パートナーの仲介等のサービスを受けられ、イノベーションを製品化する時間を短縮することができます。毎年更新されているパンフレット「フォトニクス・イン・ババリア」ではネットワークのメンバーである企業や研究機関についての情報が掲載されています。

コンピテンスネットワーク「バイエルン・フォトニクス」は、州内に8つある地域の「光工学」ネットワークと一緒に、ドイツ国内外で活動するコンピテンスネットワーク「ドイツ・オプテクネット」(OptecNet Deutschland e.V.)に参加しています。ドイツ・オプテクネットには現在約500の企業や研究機関が参加しています。さらに欧州レベルのネットワークには欧州光学会(European Optical Society)があります。欧州光学会のメンバーは6500で、欧州22ヶ国から各国の光学会も参加しています。バイエルン州のフォトニクス企業にとって重要な関連クラスターには、ナノテクノロジーセンサー技術があります。

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

Start-ups aus der Photonik Branche können sich an bayern photonics wenden. Das Clusternetzwerk unterstützt Start-ups bei der Suche nach geeigneten Kooperationspartnern, der Kontaktherstellung, der Förderberatung sowie bei Messebeteiligungen zu günstigen Konditionen.


Das überregionale OptecNet organisiert alle zwei Jahre eine Start-up Challenge, den einzigen nationalen Gründerwettbewerb der Photonik. Junge Gründerinnen und Gründer aus dem Photonikbereich sind dazu aufgerufen, ihre innovativen Technologien, Produktideen und Geschäftskonzepte zu präsentieren.
Auch Messen bieten einen hilfreichen Zugang zu Netzwerken.

Zu nennen ist hierbei die Laser World of Photonics in München, welche die Weltleitmesse für Komponenten, Systeme und Anwendungen der Photonik darstellt.

新着情報

フォトニクス業界のブログ記事

闇を照らすバイエルンの光工学とセンサー技術

光工学もセンサー技術も、インダストリー4.0の時代の鍵となる技術だ。革新的な研究はもとより、優良企業が集積しているという点においても、バイエルン州はこの分野で先駆的な役割を担う。

拠点マップ

バイエルン州のフォトニクス産業企業