ロジスティクス バイエルン州の産業構造は、新規ビジネスを開拓したいロジスティクス・物流業の企業にとって申し分のない枠組みを提供します。さらにバイエルン州には、全長13万7000㎞の道路網、大量輸送に対応できる鉄道網、多数の貨物輸送センター等、高度な交通インフラが広く整備されています。

イベント

当該分野に関するイベントはありません。


イベントカレンダーへ

業界の紹介

バイエルン州の産業構造は、新規ビジネスを開拓したいロジスティクス・物流業の企業にとって申し分のない枠組みを提供します。バイエルン州の全雇用に占める製造業の割合は、ドイツの平均を上回る23.9%です。自動車・機械製造、医療・エネルギー・環境技術をはじめ、さまざまな業界で世界をリードするバイエルン州の企業は大きな物流ニーズを抱えていることから、高いビジネスポテンシャルが見込めます。また、バイエルン州にはドイツのインターネット通信販売業者トップ10のうち8社が本社または支店を置いています。その理由は、南ドイツが国内で最も購買力の高い地域だからです。

360 億ユーロの売上を誇るバイエルン州の物流業界

バイエルン州の物流産業の規模は売上ベースで360億ユーロに上り、全ドイツの18%を占めています。物流業は40万の雇用を抱え、バイエルン州の成長を牽引する産業セクターとなっています。 バイエルンは137,000キロメートルの道路網と、将来さらに拡張を予定している輸送能力に優れた鉄道網の、素晴らしい交通インフラを提供しています。環境に優しい交通手段である鉄道は現在ほぼ5,000万トンの貨物を輸送し、これによって道路の負担を大幅に減らし、またCO2排出の削減に大きく貢献しています。24の港はヨーロッパの最も重要な水路、ライン-マイン-ドナウ運河に非常に便利に接続しています。これらの港と荷役施設は650万トンの貨物を扱っています。バイエルンの2大空港であるミュンヘンとニュルンベルクの空港はほぼ40万トンの貨物を取り扱っています。交通手段の効率的な接続のために能力の高い荷役施設と貨物センターがありますが、これも今後さらに拡張される予定です。

ロジスティクス産業の数字

バイエルン州の国際空港の数
バイエルン州の道路網の合計㎞数
万トンを取り扱うバイエルン州の港
ヨーロッパ各地へとつながる港の数

人材&研究

バイエルン州では20以上の大学と専門単科大学でロジスティクスを学ぶことができます。さらに、職業学校や商工会議所には、各種の職業教育プログラムも用意されています。また、ロジスティクスを効果的に補完する分野として、IT関連の優れた職業教育も提供しています。

フラウンホーファー研究所サプライチェーンサービス・ワーキンググループ(SCS)、プリーンに所在するフラウンホーファー物流ロジスティクス研究所(IML)、フラウンホーファー物流ロジスティクス・コンピテンスセンター(LKZ Prien)等の研究機関では、学際的なプロジェクトを通じてロジスティクス分野の画期的なソリューションを開発しています。バイエルン州のロジスティクス業界は、製品や物資の運送から工場内ロジスティクスやマテリアルフローまで、全ての物流プロセスの効率化を図り、同時にカスタマーの個別ニーズに対応することのできる革新的なソリューションに積極的に取り組んでいます。その結果、バイエルン州に新たな付加価値創造のポテンシャルが生まれます。データ安全性、クラウドコンピューティング、モバイルアプリケーション、マネジメント&支払システム等のITソリューションを手掛ける企業にとっては新規ビジネスのチャンスとなります。

ネットワーク

バイエルン州には強力な企業コミュニティーがあり、新規進出企業を新たなメンバーとして歓迎します。ロジスティクス業界の大手企業は、ほぼ全社がバイエルン州に進出しています。代表的な企業にはDHL、UPS、シェンカー(Schenker)、 ヘルマン(Hellmann)、マースク(Maersk)、ハンジン・ロジスティクス(Hanjin Logistics)、プロロジス(ProLogis)、グッドマン(Goodman)等があります。また、グローバルプレーヤーのダクサ(Dachser)とDPDはバイエルン州に本社を置いています。外国企業では、アマゾン、イングラム・マイクロ(Ingram Micro)、オフィス・デポ(Office Depot)、NYKロジスティクス、レクセル(Rexel)がバイエルン州に物流配送センターを設置しています。

ロジスティックス分野、イントラロジスティク(Intralogistik)およびインダストリー4.0が価値創出チェーンにおけるメガトレンドであるデジタル化の一分野として互いに緊密に結びついているので、IT-Logistikcluster によってロジスティックスとIKT分野の共通のネットワークが作られました。このことは、この協力およびコミュニケーションのプラットフォームの目的が、経済、科学および政治の間の継続的な協力と情報交換による、IKTおよびロジスティックスの立地としてのバイエルンの永続的な強化であることを示しています。この未来への投資は既にEuropean Cluster Excellence Initiative (ECEI)から銀ラベルによって表彰されています。

バイエルン州では、業界をリードする国際見本市、ミュンヘン国際ロジスティクス・モビリティ・IT・サプライチェーンマネジメント専門見本市transport logisticが開催されます。また、バイエルン州のロジスティクス・ネットワークは、特定のテーマに特化したイノベーション・プラットフォームを提供し、産学の専門家同士の交流を促進しています。すべてのサプライチェーン関係者にオープンなネットワークには、現在1400社以上の企業をはじめ、欧州12か国の研究機関が参加しています。バイエルン州物流業界の統一ブランド「ロジスティクス・イニシアティブ・バイエルン(Logistik Initiative Bayern)」 は、さまざまな物流ネットワークの調整役を担っています。

スタートアップ

それだけでなくバイエルンは、新鮮なアイデアをもってロジスティックス分野のデジタル化と効率化をさらに推し進める多くの革新的なスタートアップの故郷でもあります。この目的のために、例えば流通チェーン、ルートおよび船舶の活用を最適化する、また倉庫のロジスティックスを自動化する、あるいは最終顧客に配達の最後の数マイルでこれまでよりも快適さを提供するために、既に構築されているロジスティックスの関係部門との多様な協力が行われています。

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

ニュース

ロジスティクス産業のブログ

バイエルン州は世界の玄関

産業集積地であるバイエルン州は、あらゆる分野の企業を呼び込む力がある。活況な経済、素晴らしい研究環境だけでなく、機能的なインフラが整備されていることも、バイエルン州の大きな魅力だ。

ドイツのインダストリー4.0(Industrie 4.0): 日本人の視点で解説

10月20日、インベスト・イン・ババリアは日本人ジャーナリスト熊谷徹氏を講師にお招きし、「インダストリー4.0」に関するビジネス・ワークショップを開催しました。...

拠点マップ

バイエルン州のロジスティクス産業企業