エネルギー技術 バイエルン州は伝統的に水力エネルギーを利用してきました。しかし今日、他の再生可能エネルギーの重要性も格段に高まっています。バイエルン州のエネルギー政策は、企業に多大な成長チャンスをもたらします。

イベント

Digital Solar & Storage Conference 2018

Digital Solar & Storage Conference 2018

続きを読む

ブログの最新記事

ブログの最新記事

当該分野に関するブログ記事はありません。

ブログへ

担当者

Katrin Beck

Katrin Beck

+49 89 24210-7510

イベント

今後&過去のイベントエネルギー技術

  •  
  •  
  • 14.05.2018 IFAT 2018
  • 20.06.2018 Intersolar Europe
  • 04.12.2018 Digital Solar & Storage... more

業界の紹介

バイエルン州は伝統的に水力エネルギーを利用してきました。しかし今日、他の再生可能エネルギーの重要性も格段に高まっています。バイエルン州のエネルギー政策は、企業に多大な成長チャンスをもたらします。

 

 

120 億kWhの水力発電 2010年、バイエルン州の水力発電量はドイツ最大

ドイツのエネルギー供給は、今後数年間にわたってめまぐるしいスピードで変化します。エネルギー転換政策から一大投資ポテンシャルが生まれ、エネルギー技術産業のビジネスチャンスが飛躍的に拡大するのです。ビジネス環境の整ったバイエルン州は、エネルギー技術分野の企業に最適な成長チャンスを提供します。バイエルン州には重要なエネルギー源がすべて揃っており、水力、太陽光、風力、バイオマス、太陽熱、環境熱、地熱を利用して発電や熱供給を行っています。もとよりバイエルン州は水力発電ではパイオニア的存在であり、2010年には約120億kWhというドイツ各州の中でも最大の発電量を水力から得ています。また、同年末におけるドイツ国内の太陽光発電設備の設置状況を見ますと、ほぼ40%をバイエルン州が占めています。大きなスケールでエネルギー利用が進む水力や太陽光と比較すると、バイエルン州の風力はまだ小さな分野です。そこでバイエルン州は、空間、自然、景観に配慮しながら、風力エネルギーの利用拡大を強力に推進することを決定しました。その際に確実に言えることが一つあります。バイエルン州はエネルギー技術分野において、今後も最先端を歩み続けます。

エネルギー技術産業の数字

設置済み太陽光発電設備におけるバイエルン州の占める比率
万ユーロの研究投資
年の新規研究計画6件
年の水力発電量はバイエルン州がトップ

人材&研究

バイエルン州はエネルギー研究に大変積極的に取り組んでいます。大学または大学外を問わず、バイエルン州のすべての研究機関でエネルギー技術の研究が行われています。たとえば、再生可能エネルギーを利用した持続可能なエネルギー経済に向けた研究を行うエネルギー・キャンパス・ニュルンベルク外部サイトへのリンクや、ミュンヘン・スクール・オブ・エンジニアリングの学部横断型研究イニシアティブTUM.Energyがあります。さまざまな分野出身の研究者が集まって、再生可能エネルギーの利用拡大、eモビリティ、エネルギー効率等の共通テーマを一緒に研究しています。さらに企業にとっても、バイエルン州の各大学の優れた高等教育はメリットをもたらします。 

 

エネルギー研究はバイエルン州の研究・技術政策における重点分野の一つです。バイエルン州は2012年に、エネルギー研究に関する6つの研究計画と3つの組織関連施策を促進計画に盛り込むことを決定しました。さらに2013/14年の2ヶ年予算として新たに2つの研究計画が追加され、2013~2014年の2年間の研究分野への投資は6000万ユーロを超える規模となりました。助成の対象となったプロジェクトには、有機薄膜太陽電池のような基礎研究に属するものや、省資源型インテリジェント住宅をはじめとする応用研究のテーマもありました。

ネットワーク

バイエルン州には、情報交換や提携パートナー探しができる魅力的なハブとしてエネルギー技術クラスターとエネルギー・フォーラムがあります。エネルギー技術クラスターは、産学の提携を深めることで企業の革新力を一層強化し、バイエルン州において付加価値を創造するための活動をしています。活動の中心となるテーマは、再生可能エネルギー、電気と熱のコジェネレーションおよび消費時のエネルギー効率、蓄エネルギーシステム、電力供給における送配電網です。 

 

一方、バイエルン州エネルギー・フォーラムは、合理的なエネルギー利用、再生可能エネルギー、新エネルギー技術等の分野を中心とする情報プラットフォームです。エネルギー・フォーラムは、現在進められている開発や革新プロセスについての情報を発信することでプロジェクトの透明化を図り、既存の情報・相談サービスをさらに向上させる役割を果たしています。 

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

ニュース

エネルギー技術産業のブログ

未来のテクノロジー3D印刷:バイエルン州では未来がすでに始まりました

業界横断的イノベーションつまり新たな業界横断的テクノロジーに関して言うと、3D印刷は主役を演じています。積層造形プロセスによって材料と時間を節約でき、従来より堅固で精密な部品を生産できます。インダストリー4.0の利用によってプロセスのネットワーキングが可能になったので個別に生産さ...

バイエルンの各地方フォーカス特集: 高フランケン発イノベーションパワー

バイエルン州の経済は地域あってこそさらに他の州にはない固有性があるので、高フランケンからシュバーベンまで詳細にご紹介する価値があると思いました: 何がバイエルン州の地域経済をそれほど成功させているのでしょうか?

日本埼玉県・さいたま市からバイエルンの投資

“日本”という国からまず連想される地域はきっと東京、京都、または大阪だろう。けれども東京の北に位置する都道府県と都市の名前をご存じだろうか。それは、埼玉県とさいたま市である。今日はこの地域についてブログを書こうと思う。

デジタル社会のリーダー バイエルン州-UnternehmerTUM社がモビリティ・ハブに

2016年のドイツITサミットの開催はザールラント州であったが、その影響はバイエルン州にも及んでいる。「デジタル・ハブ・イニシアティブ(デジタル化推進計画)」の枠組みにおいて、ドイツの5都市がデジタル・ハブ(デジタル化推進の中心地)に指定された。この中にバイエルン州の州都ミュンヘ...

バイエルン州のインダストリー4.0 ①-スタートアップ企業のための理想的条件-

インダストリー4.0はもはや大企業だけのテーマではない。次世代産業革命の過程で広範な生産プロセスの革新について議論するとき、インダストリー4.0はこれを進める中小企業やスタートアップ企業にも大いに関係している。特に新技術の開発は多くのハイテク・スタートアップの独壇場である。これら...

バイエルン州のインダストリー4.0 ②-デジタル化の恩恵を受ける産業-

スマートホームはプライベートユーザーにとって最早目新しい言葉ではない。しかし、スマート工場はどうだろう。今日では、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータとその分析、M2Mコミュニケーション、スマートセンサーなどの技術が多くの企業で利用可能になっており、未来の工場を現実のもの...

バイエルン州-将来性のある強力な産業立地

バイエルン州は有望な産業立地である。数十年後もバイエルン州はその強力な産業によって指導的な地位を保っているだろう、との結果がバイエルン州経済連盟(vbw=Vereinigung der Bayerischen Wirtschaft e....

業界の指標 BMWバイエルンで100年

今年、バイエルンの自動車業界はBMW100周年を祝う。その理由の一つは、過去を振り返ることではなく、業界の未来を覗き見るためだ。

ヴァラースドルフの最上級‐BMW物流センター建設はあらゆる尺度を超える!

BMWグループと、このプロジェクトを委託されたDIBAG建設会社はヴァラースドルフに建設される新しい物流センターの上棟式を行った。建物面積235,000㎡の施設が完成すれば、これは欧州で最も巨大な商業空間となる。

拠点マップ

バイエルン州のエネルギー技術関連企業