自動車産業 バイエルン: 過去・現在・未来の自動車産業拠点: コブルクでアンドレアス・フロッケンは1888年に初の4輪EVを開発していましたが、1893年にはルドルフ・ディーゼルがアウグスブルクで自己点火式エンジンを発面し、1951年にミュンヘンでヴァルター・リンデラーがエアバッグの特許を取得しました。今日では自動車業界の未来志向トレンドとは電力によるモビリティー、ネットワーキング、自動運転です。

イベント

MWC19

MWC19

続きを読む

ブログの最新記事

未来のモビリティー:バイエルン州がここでも先導役

未来のモビリティー:バイエルン州がここでも先導役

続きを読む

担当者

Philipp Gleißner

Philipp Gleißner

+49 89 24210-7504

イベント

過去のイベントと予定されているイベント:自動車産業

  • 12.10.2019 Digital Tech Summit 2019
  • 15.10.2019 eMove 360°
  • 22.10.2019 MWC19 more

業界要約

バイエルンに本拠があるOEM各社はEV普及、ネットワーキング、自動運転の分野で世界で最も革新力のある屈指の自動車メーカーです。MANとDB Schenkerの協力等のパイロットプロジェクトやAudi、Ducati、Ericsson、Qualcomm等を中心とするコンソーシアムもバイエルン州の企業の国際的リーダーシップを明確に表しています。この点についての典型例がニュルンベルク・ミュンヘン間で完成したデジタルフリーウェイ実験場です。先端道路インフラと最新伝送技術の実装を組み合わせたデジタルフリーウェイ実験場は自動車業界やサプライヤー業界、電気通信業界、研究機関に共通する唯一の実地試験が可能な現場となっています。

 

開発されたEVコンセプトを日常生活に統合するため、バイエルン州政府は独自の州補助金制度によって州全体に充電基盤を設置する目的をもって取り組んでいます。この制度の目的は2020年までにバイエルン州に追加充電マストを7,000本設置することです。780万ユーロの補助金を投入した革新的プロジェクト「ファストチャージ」をバイエルン州のイェティンゲン・シェパッハで実施中であり、これによって例えば充電時間が大幅に短縮されます。すでに誰でも450 kWまでのEVを15分で充電完了できます。最初の100kmまではファストチャージステーションでは3分の充電で足りてしまうほどです。.出資企業には特にBMW、Allego、Phoenix-Contact、Porsche、Siemensが含まれます。

1,100 バイエルンの社が付加価値創出プロセス全体に分布

バイエルン州には、国際的な自動車部品産業のためのネットワークであるBAIKAやクラスター・オートモーティブがあります。クラスターの重要な役割は、自動車業界の未来にとって重要なパートナーをネットワークとして組織することです。また、バイエルン州では優れた材料研究が行われており、その成果は、革新的デザインや高性能な車載用電子機器の生産をはじめとする最新の自動車生産の各分野に利用することができます。クラスター・オートモーティブのテーマは、効率的な車両動特性、車両安全・快適性、さらには生産効率・柔軟性です。そこで創出された知識は、バイエルン州のみならず、世界中の自動車産業関連企業にも役立っています。

自動車業界データ

自動車業界の総雇用人数236,904人
自動車業界に1100社
バイエルンにおけるR&D投資総額の47%は自動車業界
ドイツで生産される自動車(車両と車両部品)の25.8 %はバイエルンで製造

代表的な企業

バイエルン州の自動車産業を代表する企業

有能人材及び研究

バイエルン州のどこでも著名な研究機関や高等教育機関の研究共同体はモビリティーの未来の姿を明確にしようと取り組んでいます。フラウンホーファー研究所IIS集積回路部門やIZM信頼性・マイクロ統合研究部門のほかにもアウグスブルク・アプリケーションセンターiwbはバイエルン州における卓越した研究活動の事例です。このほか大学や高等教育機関の専門家や学生による革新的未来技術の研究活動はバイエルンでの最適な温床となっています: エンジニア、デザイナー、ソフトウェア開発者、 ITスペシャリストが共同で未来のためのソリューションを開発しています。

 

卓越した成功例: TUミュンヘンの学生研究グループWARR。このバイエルン州学生チームはすでに3回も世界中の120チームの中から選ばれ、国際的に高く評価されているSpaceXの「ハイパーループ・コンペ」</link>で優勝しました。

 

純然たる学問の追求はバイエルン州全体で<優秀なデュアル人材育成制度が補完しています。一つには専攻の同時取得が可能です: 例えばランズフートでは自動車情報技術を専攻し、コブルク高等専門教育機関では自動車技術と経営学、インゴルシュタット高等専門教育機関では自動運転と車両安全性を併行して専攻する学生がいます。他方では、企業と業界団体が協力して高度の品質と実践教育を提供する従来の徒弟制度(学校・実習)も実行されています。これらの有能人材の育成やイノベーションを生み出す泉の他にもバイエルン州の企業は.バイエルンデジタル化センター(ZD.B)と協力してその他のドイツ全国で唯一の研究・協力・起業プラットフォームの恩恵を活用することができます。この脈動を与える機関のおかげで産学、業界団体、公的部門が協業を行い、ネットワーク化されたモビリティーという研究手段の基盤構築に努めています。

ネットワーク

バイエルンにおいて車両のネットワーキングだけが未来を指向するとは限られていません。補助金の対象は産業界、政界、学界の強力な学際的協力でもあります。例えば、M.A.I.カーボンネットワークはバイエルンを繊維強化プラスチックの欧州における中枢に育てています。技術会社のノウハウがモビリティー分野の企業が持つ専門知識と結合し、デジタルハブ・モビリティーに集約されています。バイエルン州全体の自動車クラスターは高出力研究部門や経済界から730社が参加する卓越したネットワーキングのための安定的な基盤を成します:バイエルンの革新力推進という目的に皆が向かっています。

 

さらにバイエルンは世界をまたぐ産業との協力を実行する中心的拠点でもあります:  BMW Groupは2018年に第二の「自動運転キャンパス」」をミュンヘンに設立したばかりです。そこではFCA、インテル、Mobileyeの国際的エキスパートと共に高度自動化及び全自動化走行の実現に向けて作業しており、さらにボルボとオートリヴ(現ヴェオニア)のJVであるZenuityは同じテーマをバイエルン拠点から開始しました。

起業

従来的なネットワークに加え、ここ数年の間に当然のことながらモビリティーの起業を目指す企業化促進団体、インキュベーター、業界固有ベンチャーも発展してきました。バイエルンでは特に著名な研究機関や先端OEMとの密接な協力が特徴的であり、こんためバイエルンでの起業はとりわけB2B分野で強みを発揮しています。MANやシーメンスのNext47のOEM間イニシアチブ、アウディの<インテリジェント自動運転、さらにBMWの起業ガレージが先端エンジニアや最高レベルの経営者で作るネットワークにアクセスし易くしています。さらに、REHAUSchaeffler等のサプライヤーも言われる前から独自の協業を行っています。こうした自動車業界のそうそうたるメンバーにバイエルンならではのアクセスが可能なことは大変貴重な価値があります。 

 

バイエルンは最近では例えばフォルクスワーゲンのデータラボや、さらにミュンヘンでドイツ全国のデジタルハブ・イニシアチブの一環として設立されたデジタルモビリティー・ハブ等、この分野での起業という主題に合う適格なコラボスペースを補完的に提供することにより、起業のために理想的な立地になっています。

 

この業界横断的な全州をカバーするネットワークを通しての情報・経験交流や著名なOEM、革新的新興企業、卓越した研究機関に空間的に近接していることで、バイエル州は自動車業界のために最適な立地となっています。この見方は経済界でも同じです: ミュンヘン大都市圏にある自動車関連企業の96%はこの立地に満足しており、2/3は「満足の極み」あるいは「とても満足」とまで回答しています。

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

ニュース

自動車産業のブログ

未来のモビリティー:バイエルン州がここでも先導役

モビリティーのテーマにおいては自動車が発明された125年前の人と同様大きな変化が起きています。マイカーは長年自由と独立の象徴であり社会的ステータスの表現でした。この点が正しく今根本的に変わりつつあります。特に、快適かつ迅速に地点間を移動するという自動車本来の目的に関して言う限りそ...

未来のテクノロジー3D印刷:バイエルン州では未来がすでに始まりました

業界横断的イノベーションつまり新たな業界横断的テクノロジーに関して言うと、3D印刷は主役を演じています。積層造形プロセスによって材料と時間を節約でき、従来より堅固で精密な部品を生産できます。インダストリー4.0の利用によってプロセスのネットワーキングが可能になったので個別に生産さ...

バイエルンの各地方フォーカス特集: 高フランケン発イノベーションパワー

バイエルン州の経済は地域あってこそさらに他の州にはない固有性があるので、高フランケンからシュバーベンまで詳細にご紹介する価値があると思いました: 何がバイエルン州の地域経済をそれほど成功させているのでしょうか?

卓越した経済推進ドライバー – バイエルン州の工業

バイエルン州の経済は活況が継続しています。この事実はバイエルン州のGDPに大きなシェアを占める強力な製造業のおかげなだけではありません。この部門の推進者は経済的心臓部を為す全ユーザー産業のいくつもの成功している企業です。

日本埼玉県・さいたま市からバイエルンの投資

“日本”という国からまず連想される地域はきっと東京、京都、または大阪だろう。けれども東京の北に位置する都道府県と都市の名前をご存じだろうか。それは、埼玉県とさいたま市である。今日はこの地域についてブログを書こうと思う。

デジタル社会のリーダー バイエルン州-UnternehmerTUM社がモビリティ・ハブに

2016年のドイツITサミットの開催はザールラント州であったが、その影響はバイエルン州にも及んでいる。「デジタル・ハブ・イニシアティブ(デジタル化推進計画)」の枠組みにおいて、ドイツの5都市がデジタル・ハブ(デジタル化推進の中心地)に指定された。この中にバイエルン州の州都ミュンヘ...

バイエルン州のインダストリー4.0 ①-スタートアップ企業のための理想的条件-

インダストリー4.0はもはや大企業だけのテーマではない。次世代産業革命の過程で広範な生産プロセスの革新について議論するとき、インダストリー4.0はこれを進める中小企業やスタートアップ企業にも大いに関係している。特に新技術の開発は多くのハイテク・スタートアップの独壇場である。これら...

バイエルン州のインダストリー4.0 ②-デジタル化の恩恵を受ける産業-

スマートホームはプライベートユーザーにとって最早目新しい言葉ではない。しかし、スマート工場はどうだろう。今日では、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータとその分析、M2Mコミュニケーション、スマートセンサーなどの技術が多くの企業で利用可能になっており、未来の工場を現実のもの...

バイエルン州-将来性のある強力な産業立地

バイエルン州は有望な産業立地である。数十年後もバイエルン州はその強力な産業によって指導的な地位を保っているだろう、との結果がバイエルン州経済連盟(vbw=Vereinigung der Bayerischen Wirtschaft e....

拠点マップ

バイエルン州の自動車産業企業