労働市場

バイエルン州政府は、優秀な人材を継続して育成するために、さまざまなイニシアティブを追求しています。さらにプラス要因として、バイエルン州という拠点自体が魅力的なため、外国人もこの土地を住みやすいと感じています。ここではバイエルン州の労働市場に関する、より詳しい情報をご紹介します。

バイエルン州が拠点として成功するカギとなるのは、優秀な人材です。ここで働く人材の知識と熟練した技術こそが、バイエルン州の高い国際競争力と経済的成功を保証する基盤であり、多くのグローバル企業がバイエルンを拠点に選ぶ決定的な理由なのです。

 

  • バイエルン州では有能な人材がスムーズに見つけられます。
  • 基本的に雇用者側は、応募者の採用選考方法を自由に決めることができます。
  • 差別禁止規定など遵守すべき一般規定は、ごくわずかしかありません。
  • 条件に合った人材をお探しの際に、企業は各方面からサポートを受けることができます。

 

連邦雇用エージェンシー(Bundesagentur für Arbeit)はバイエルン州の全ての主な自治体に職業紹介センター(Jobcenter)を設置しています。同エージェンシーは企業の要望に応じて無償で人事に関する専門的なサービスを提供する公共機関ですが、その他にも多数の民間サービス事業者が、特定の職種の人材リクルートから管理職人材の紹介まで、さまざまな人材サービスを提供しています。こうした求人関連の連絡先は、インベスト・イン・ババリアを介して入手することもできます。

ここでは、従業員の高技能化や新入社員の継続教育および訓練の促進を目的とした、国や州による公共プログラムの情報についてもご紹介します。

新しく従業員を採用する際、所定の条件を満たせば、企業は直接国から雇用関係助成金の支給を受けることができます。通常ドイツでは、書面による労働契約によって労働条件を取り決めます。企業が従業員の採用手続きをできるだけスムーズに行えるよう、バイエルン州政府および連邦省庁は、特に新規事業の立ち上げに適した、柔軟な雇用オプションを用意しました。

 

  • 派遣労働モデルは、企業が採用者と個別の労働契約を結ばなくても、従業員として雇い入れることを可能にするモデルですこの場合、企業には人材派遣会社から、自由に交渉可能な条件で労働力が提供されます。労働者は人材派遣会社と雇用関係にあり、企業は労働力の派遣に対し、予め合意した金額を人材派遣会社に支払います。
  • いわゆるミニジョブ制度を使えば、企業は従業員を月給450ユーロ以下で雇用することができます。ミニジョブの場合、月給の総支給額の30%を、社会保険料と賃金税(各種租税)として雇用者側が負担します。被雇用者の月給からこれらの税や保険料が差し引かれることはありません。
  • ミディジョブ(低賃金雇用とも)は1ヶ月の報酬が450.01~800ユーロの雇用形態です。被雇用者に課せられる社会保険料率は通常の雇用形態よりも軽減されています

その他の情報

ワーク・イン・ババリア(Work in Bavaria)

バイエルン州での仕事の展望に関する情報はこちらをご覧ください

 

バイエルン州の労働市場、労働市場政策、経済状況全般に関する最新のデータと情報についてはこちらをご覧ください

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

コンタクト