バイエルンにおける先端研究 - 知的財産の保護 バイエルンはドイツ全体で特許出願件数が最多という記録を有しています。 バイエルンという所在地で行われている先端研究の紛れもないシンボルです。 詳細は
バイエルンにおける先端研究 - 知的財産の保護 バイエルンはドイツ全体で特許出願件数が最多という記録を有しています。 バイエルンという所在地で行われている先端研究の紛れもないシンボルです。 詳細は

#bytevaria – バイエルン州におけるデジタル化に関わる研究開発

デジタル先進地バイエルンの情報誌

イベント

当該分野に関するイベントはありません。

イベントカレンダーへ

ブログの最新記事

Ideenfabrik LabCampus: Digitalisierung am Flughafen München

Ideenfabrik LabCampus: Digitalisierung am Flughafen München

続きを読む

担当者

Christian Gnam

Christian Gnam

+49 89 24210-7506

バイエルンのデジタル研究適性

ミュンヘンは欧州委員会によりヨーロッパのトップITハブに指名されました。これは偶然ではありません。ミュンヘンにある企業、スタートアップ、そして多数の研究機関が、主要研究分野のデジタル移行をカバーしているのです。研究所在地としてのバイエルンは、多数の企業の開発研究所、大学、技術クラスタ、科学研究所たとえばフラウンホーファー協会、マックス・プランク協会、ライプニッツ協会、ヘルムホルツ協会などを統合しています。それらは協同して、研究と開発が経済的な束縛から独立して成長できる機運を作っています。賢人たちは所在地バイエルンで、アイディアに磨きをかける自由な空間を見出しているのです。あらゆる応用産業の企業との共同作業により、産業横断のイノベーションの可能性が拡大され、新種の業界横断的な提携が生まれます。

 

あらゆる産業分野のデジタル化を強化する

優れた研究・教育機関はハブ形成のための条件です。ドイツ連邦のデジタル・ハブ・イニシアティブの枠組みの中で、これまでバイエルンで将来豊かなテクノロジーのためのホットスポット3か所が指定を受けています。TUM社のモビリティハブ、ミュンヘンのインサーテックハブ、ニュルンベルク・メトロポール地域のメディカル・バレーのEヘルスハブです。研究が大学にのみ限定されていないため、バイエルン州ではさまざまな関係者が支援プログラムの恩恵を受けています。各大学が合計で年間約15億ユーロの研究予算を得て重要なイノベーションの推進力になっていますが、それだけでなく、ファウンダーや中小企業に対しても、バイエルン技術支援プログラム(BayTP)により 開発継続の可能性が開かれています。企業の規模に関わらず、バイエルン州は将来性ある産業分野のイノベーションを支援しており、例えば研究開発プログラム「情報コミュニケーション技術」あるいは「エレクトロニクス・システム」において支援が見られます。

 

未来の研究への投資

科学と産業に隣接する研究の中心を演じているのはバイエルン・デジタル化センターであり, 経済と科学の協力を強化し、バイエルンの適性を高める任を負います。そのため、センターはこれらの力を6つの主要分野における各種のテーマプラットフォームにまとめています。ネットワーク化されたモビリティ、サイバーセキュリティ、デジタル・エンジニアリングおよび生産、デジタル健康/医学、エネルギー分野のデジタル化、教育・科学・文化のデジタル化です。センターは、デジタルバイエルンII投資オフェンシブの枠組みでさらに拡大されることになっています。このプログラムはその他に、人工知能や3Dプリントに重点を置いたデジタルの未来分野における新しい学問提案を予定しています。

15.867件の特許出願を 2016年、ドイツ特許商標局はバイエルンにおいて記録しました。

こうしてバイエルン州は、技術と発明活動に基礎を置き、業務上使うことのできるドイツ全体の特許出願の記録保持者になっています。最重要の技術分野は輸送、電気エネルギー、機械構成要素です。

その他のトピックとストーリーの一覧