デジタルバイエルンII: デジタル未来投資 バイエルン州は今後5年間に当自由州のデジタル開発用に30億ユーロを投資し、人材と企業をデジタル転換のウィナーにする目的です。 もっと知る
デジタルバイエルンII: デジタル未来投資 バイエルン州は今後5年間に当自由州のデジタル開発用に30億ユーロを投資し、人材と企業をデジタル転換のウィナーにする目的です。 もっと知る

#bytevaria – バイエルン州のデジタル人材養成

クロスインダストリー・イノベーションとデジタル・バイエルン・マガジン

イベント

当該分野に関するイベントはありません。

イベントカレンダーへ

ブログの最新記事

MINTイニシアチブとデジタル人材育成: 有資格後継者への持続可能な投資

MINTイニシアチブとデジタル人材育成: 有資格後継者への持続可能な投資

続きを読む

担当者

Michael Blecher

Michael Blecher

+49 89 2162-2693

デジタル有能人材の養成投資

デジタル企業が必要とするものはとりわけ1つのことです: デジタル関連のことを熟知してこの分野を推進できる人材。よい知らせはバイエルン州にこうした人材が豊富にいることです。広範な人材養成プログラムはドイツ式並列教育制度とバイエルン州高等教育機関の2本柱を基に理論と実践両面に強力な基盤があることを生かし、有能な人材の豊富なストックを生み出しています。プロ養成の反対側でも当自由州は広範なプログラムを実施し、人がデジタル化というテーマに向けて生涯学習できるようにしており、この際、、Zentrum Digitalisierung.Bayern (バイエルンデジタル促進センター)が中心的役割を果たしています。独自のデジタル系知識をさらに増やす機会はBayernLabsまたはプロジェクト#Lernen.Digitalでのプロ継続教育を通しても提供しています。このため、企業が拠点地で卓越した有能人材を調達できる豊富な機会があります。これは専門職者の人手不足の時に明らかに有利なことです。又、タイムズ紙高等教育マガジンのランキングによると、将来社会で即戦力となる人材の育成に関しては、ミュンヘンのエリート大学両校が、ヨーロッパ諸国で比較するとトップの座を占めます。ミュンヘン工科大学(TUM)は6位、ルードウィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)は8位です。

 

ダイナミック: バイエルンの未来計画

デジタル化というテーマでは現状維持はまさしく負けを意味します。将来もデジタル経済の要求事項とテンポを合わせて人材を養成するためBayern Digital II でプロ後継者の養成に力を入れています。このことはバイエルン州の学校での新たな尺度によるデジタル教育によって、またデジタル分野のコア専門技術面での学問的後継者を強化することによっても実施していきます。このために今後は、ミュンヘン技術工科大学とLMUミュンヘンに新規MMI(マンマシンインターフェース)/ヒューマンセントリックエンジニアリング専攻を設置するほか、デジタル化の相対的基礎分野や応用分野のコースを創設していきます。これらを超えてさらにバイエルン州全体でソフトウェアエンジニアリング人材養成プログラムのために追加の教員を育てます。バイエルン州政府の未来戦略「初等から高等教育でのデジタル人材養成と分化」と類似するかたちで以下の項目を全ての措置に適用します: デジタル化は人材養成過程において同時にツールでありターゲットでもあります。

職業専門校14校に MINTerAKTIV助成金支給

MINT分野における人手不足に効果的に対応できるように大学や職業専門校に合計170万ユーロの助成金を出します。

Oops, an error occurred! Code: 20191123021209247d41ef