教育 & 才能

学校教育と職業訓練はバイエルン州政府の支出で最も大きな割合を占める分野ですが、その成果は学力調査の結果に現われています。バイエルン州は近年、ヨーロッパ諸国の中でトップクラスを維持し続け、ほぼ全ての評価において、ドイツの他州よりも優れた成績を誇っています。また、インターナショナルスクールの多さや多言語教育がますます充実していることから、同州が国際教育に注力していることが分かります。こうした国際的な環境により、外国人の子どもたちもバイエルン州の生活にすぐに馴染むことができます。

バイエルン州には数多くの大学が存在しますが、そこでは多様な産業分野や企業での活躍が期待される、次世代の優秀な人材が育成されています。さらに、企業での実地訓練と、学校での職業教育を組み合わせた職業訓練システムであるデュアルシステムも、若い力の成長を支えています。ドイツの教育制度は輸出大国ドイツの成功に欠かせないシステムですが、近年では制度そのものが人気の輸出商品になりつつあります。
バイエルン州の教育制度に関するより詳しい情報はこちらでご覧いただけます

インターナショナルスクール

グローバルに活躍できる人材となるためには、国際的な環境に身を置くことが大切です。バイエルン州は、教育の分野でも外国企業にとって最適の環境を提供しています。各地にあるインターナショナルスクールでは、英語あるいはさまざまな国籍の生徒の母国語で授業が行われ、国際的に認められた卒業資格が取得できます。世界各国の子どもたちと授業を受けることで、自然と世界に目を向け、異文化を認め合う環境が作られます。このような異文化を迎え入れる気風は、バイエルン州を拠点に選び、多くの社員や家族を連れて来る外国企業にとって、理想的であると言えるでしょう。またドイツ人社員にとっても、家族と外国で暮らす準備を始めるのに、最適な環境であると言えます。

こちらでバイエルン州のインターナショナルスクールの一覧をご覧いただけます。また、国籍別の幼稚園や学校も多数あります。各国の情報については、インベスト・イン・ババリアの外国企業担当者にもご遠慮なくお問い合わせください。

大学

バイエルン州は世界有数の学問・研究拠点のひとつです。時代に即し、国際的な環境を整えたバイエルン州の大学は、技術の革新と発展の原動力となっています。卒業生は大変優秀で熱意のある人材ばかりですので、経済拠点バイエルン州に進出する企業の力強い戦力となるでしょう。

州内には9つの公立総合大学と複数の私立総合大学があり、若い世代に高等教育を提供しています。卒業資格は国際的に認められており、卒業後は学術界や企業・組織でキャリアを構築することができます。ミュンヘンの二つの大学(ミュンヘン大学[LMU]とミュンヘン工科大学[TUM])はドイツの「卓越した研究助成イニシアティブ」(Exzellenzinitiative)により何度もエリート大学に選ばれ、助成金が支給されました。

学生を職業人生のために育成する面においても、両校は国際的にトップクラスです。Times紙高等教育マガジンに掲載されたランキングで大企業人事部長が世界中の大学250校以上を格付けました。その結果、ミュンヘンTUはドイツで一位、欧州で二位でした。LMUはドイツで二位、欧州では八位でした。学生を将来の職業人生に向けて適正に育成することは大学においてのみフォーカスの対象になっているわけではありません。

単科大学(応用科学系専門大学)には、17の公立大学と8つの私立大学があり、専門的な学問教育により、経済・技術・社会など分野に特化した専門家を育成します。各学科では、実務で必要となる技能や知識が培われるような、実践的なカリキュラムが提供されています。このような優れた人材育成システムにより、バイエルン州の専門大学は即戦力となる優秀な人材を輩出し続けています。

デジタル有能人材の養成投資

デジタル企業が必要とするものはとりわけ1つのことです: デジタル関連のことを熟知してこの分野を推進できる人材。よい知らせはバイエルン州にこうした人材が豊富にいることです。広範な人材養成プログラムはドイツ式並列教育制度とバイエルン州高等教育機関の2本柱を基に理論と実践両面に強力な基盤があることを生かし、有能な人材の豊富なストックを生み出しています。プロ養成の反対側でも当自由州は広範なプログラムを実施し、人がデジタル化というテーマに向けて生涯学習できるようにしており、この際、、Zentrum Digitalisierung.Bayern (バイエルンデジタル促進センター)が中心的役割を果たしています。独自のデジタル系知識をさらに増やす機会はBayernLabsまたはプロジェクト#Lernen.Digitalでのプロ継続教育を通しても提供しています。このため、企業が拠点地で卓越した有能人材を調達できる豊富な機会があります。これは専門職者の人手不足の時に明らかに有利なことです。又、タイムズ紙高等教育マガジンのランキングによると、将来社会で即戦力となる人材の育成に関しては、ミュンヘンのエリート大学両校が、ヨーロッパ諸国で比較するとトップの座を占めます。ミュンヘン工科大学(TUM)は6位、ルードウィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)は8位です。

2500.00
バイエルン州の大学で新たに創出される雇用と教授職は、未来技術に重点をあてる研究学会に割り当てられる

ダイナミック: バイエルンの未来計画

デジタル化というテーマでは現状維持はまさしく負けを意味します。将来もデジタル経済の要求事項とテンポを合わせて人材を養成するため 「ハイテク・アジェンダ」バイエルン  でプロ後継者の養成に力を入れています。このことはバイエルン州の学校での新たな尺度によるデジタル教育によって、またデジタル分野のコア専門技術面での学問的後継者を強化することによっても実施していきます。このために今後は、ミュンヘン技術工科大学とLMUミュンヘンに新規MMI(マンマシンインターフェース)/ヒューマンセントリックエンジニアリング専攻を設置するほか、デジタル化の相対的基礎分野や応用分野のコースを創設していきます。これらを超えてさらにバイエルン州全体でソフトウェアエンジニアリング人材養成プログラムのために追加の教員を育てます。バイエルン州政府の未来戦略「初等から高等教育でのデジタル人材養成と分化」と類似するかたちで以下の項目を全ての措置に適用します: デジタル化は人材養成過程において同時にツールでありターゲットでもあります。

デュアルシステム

デュアルシステムはバイエルン州に深く根付いた職業訓練制度です。企業での実地訓練と理論的職業教育を組み合わせたこの制度は、州内に拠点を置く企業とその従業員にとって、最適の教育制度です。
実践的な技能と理論的な専門知識のどちらも習得することができるデュアルシステムの職業教育は、学校と職場の両方で行われます。職業経験と学校での学習により、技能と知識が理想的に補強し合い、高い水準での職業訓練が確実なものとなっているのです。
また、バイエルン州の単科大学における「デュアルスタディー」を修了すれば、キャリアチャンスが大きく広がります。この教育プログラムでは、理論と実践がしっかりと結びつき、短期間で極めて高度で、幅広い学術的見識を手に入れることができます。これにより今日の企業が求める条件に完全にマッチした人材を育成することができます。

その他の情報

バイエルン州教育文化省
バイエルン州の教育制度に関するあらゆる重要情報については、こちらをご覧ください。

私の進路
バイエルン州の多岐にわたる教育制度のオンラインガイド

バイエルン州の全学校検索
こちらのサイトではバイエルン州にあるお近くの学校、学校の種類、さまざまな教育プログラムを検索できます。

学校の質と教育研究のための州立研究所(Staatsinstitut für Schulqualität und Bildungsforschung)
同研究所は、研究で得られた情報やさまざまな実務経験の情報を、学校関係者が利用できるようにしています。

Ann-Catrin Ries

+49 (0)89 2162-2106 [email protected]

Prinzregentenstr. 28
80538 Munich

お気軽にお問い合わせください

Category*

Please select

arrow
Branch

Please select

arrow
Country*

Please select

arrow
* Mandatory fields