バイエルン州のAR & VR – 仮想起業家ランズケープの概要 強化現実と仮想現実を例に取り上げて業界横断的イノベーションがいかに機能しているかをバイエルン州の新興企業が実証しています。 もっと知る
AWE EU 2018: ミュンヘンでAR/VRワールド開催 ミュンヘンで開催されるAugmented World Expoはあらゆる物と皆さまを一堂に合します:リアルスピーカー、仮想世界、デベロッパー、意思決定者。 もっと読む

#bytevaria – バイエルン州の強化現実(AR)と仮想現実(VR)

クロスインダストリー・イノベーションとデジタル・バイエルン・マガジン

イベント

5th International AR & VR Conference

5th International AR & VR Conference

続きを読む

ブログの最新記事

バイエルン州のVRとAR研究:基礎から具体的応用まで

バイエルン州のVRとAR研究:基礎から具体的応用まで

続きを読む

担当者

Veronika Reichl

Veronika Reichl

+49 89 24210-7521

強化現実と仮想現実 – 成長を遂げる技術

強化現実や仮想現実技術によって可能になることはこれらを応用している業界と同じく多種多様な広がりを見せています:ディーラーまで出かけずに自動車のコーティング、インダストリー4.0の取り付け工場の仮想計画、心臓発作患者の蘇生、スマホから行う精確な内装 – B2CでもB2Bでも多くのシナリオが考えられます。
強化現実と仮想現実(AR & VR)は業界横断的イノベーションのオンパレードとして好例です: AR/VRイノベーションはヘルスケア、スポーツ、教育分野、当然のことながらマーケティングやエンタメ業界等の産業で活用されています。想像力に制限はありません。バイエルン州のクリエーティブな業界はこのための最適な前提条件を備えています: この中でもミュンヘンには企業が5万社いじょう、勤務者18万人以上、合計年商規模は229憶ユーロと、ドイツでは最大のクリエーティブなノードであり、欧州では3番目の規模です。バイエルン州映画センターではi4CイベントやVRクリエーターラボ等の催事や施設を利用して革新的コンセプトの実現をサポートしています。


革新的コンセプトには斬新な頭脳が必要


TUM(ミュンヘン工科大学)の医療及び強化現実 学部の情報科学アプリケーション学科、レーゲンスブルク大学のPlay2Changeプロジェクト 、インゴルシュタット技術工科大学ヴュルツブルクユリウスマキシミリアン大学の人間コンピュータ相互作用学科 を中心としてバイエルン州の多くの大学がこの将来が約束されている技術をいかにより多くの業界に生かすことができるかを研究しています。以上のほかにもここ自由州のそのたの高等教育機関ではデジタルタレントが養成されており、例えば、ミュンヘンルートヴィヒ・マキシミリアン大学、バイロイト大学、マクロメディア単科大学、フレゼニウス単科大学、ミュンヘンTV映画単科大学等にその好例が見られます。さらに大学以外の研究所も強化現実と仮想現実の全般的テーマに集中的に取り組んでおり、例えば、フラウンホーファーIISの場合HoloDeckを利用してVR環境なら豊富に作れるほか、ライプニッツデータセンターにおいては仮想現実・視覚化(V2C)センターで5面投影設備や大型HDパワーウォールといったような最先端技術を擁しています。

多様なアプリケーション

「イマ―シブ・バイエルン」はAR/VR研究や企業を支援


バイエルン州のARとVRコンセプトが将来も成長し続けるために、バイエルン州内閣は最近の閣議決定 で措置パッケージ「仮想現実バイエルン」を決議しました。プロジェクト補助金やミュンヘン新イノベーション・センター(焦点: ネットワーク/アプリケーション・プロジェクト)とエアランゲンの同センター(焦点: 技術R&D)は、今後「イマ―シブ・バイエルン」の傘下で、メディアと製造企業の事業活動を束ね、ネットワーク化し、透過性を高め、新規開発を開始し、経済拠点としてのバイエルン州全体を強化する狙いです。この他バイエルン州政府のマスタープランBayern Digital IとBayern Digital II でバイエルン州のデジタル未来に投資しています。2015~2022年度に合計55憶ユーロの予算を費やしてバイエルン州をデジタルイノベーションのリーダー的地域にする取り組みが進んでいます。  こうしてARやVRソリューションの開発や補助のためにも将来が約束された潜在力を形成しています。バイエルン州映画TV基金の場合は仮想現実の革新的アイデアを支援するために 仮想現実を対象とした独自の補助部門を設置しました。起業家はバイエルン拠点なら多くの技術や起業家センターによる補助金を得る機会があります。子供の靴の中に次に来る業界横断的イノベーションがすでにこうした場所に潜在している可能性はないといえるでしょうか?

バイエルン州には特に技術企業や製造部門の濃度が高いことからAR・VRイノベーションによるメリットを得られます - このことはすでに机上のことではなくなっています: 例えばアウディは「Audi VR体験」]によりディーラーでの顧客コンサルティング用の本番VRアプリケーションを配備しました。シーメンスではガスタービンをエンジニアが遠隔監視できメンテナンス上の課題を早期に解決できるようにするガスタービンのデジタルコピーを研究中です。シェフラーは仮想トレーニングルームで特に、仮想現実と強化現実が産業のコンセプトにいかなる影響を及ぼしているかについて試験中です。バイエルン州のAR/VRエコシステムは優れる技術的創造力と多様性を持つコミュニティーを形成しています。バイエルン州の研究機関、この州に拠点を持つ企業、当然のことながら起業の成功は、2017年にヨーロッパ強化現実世界博覧会(AWE Europe) がミュンヘンで開催されたことや2018年にもここで再度開催する決定に表れています。

55憶ユーロ

をバイエルン州政府は2015~2022年度の期間全体について予算を組み、バイエルン州をデジタルイノベーションのリーダー的地域にする取り組みが進んでいます。マスタープランBayern Digital IとBayern Digital IIを通してデジタル未来にバイエルン州が投資しています。

インフォグラフィック – 仮想現実と強化現実 仮想現実分野の技術は業界横断的アプリケーションで応用されており、極めて多様なプロセスの表示と監視を可能にする革新の契機を生み出しています。バイエルン州はこの拠点が将来的にも仮想現実と強化現実(VR / AR)分野のコンピテンス・クラスターとして確立できるように研究と経済のための前提条件を作っています。 ダウンロードする

その他のトピックとストーリーの一覧