卓越した経済推進ドライバー – バイエルン州の工業

バイエルン州の経済は活況が継続しています。この事実はバイエルン州のGDPに大きなシェアを占める強力な製造業のおかげなだけではありません。この部門の推進者は経済的心臓部を為す全ユーザー産業のいくつもの成功している企業です。

バイエルン州の産業は他の業界とのネットワーキングのおかげで付加価値創出の全過程に渡り自由州全体の経済のための中心的役割を果たしています。この事実は統計が藻のがっています:バイエルン州の被雇用者のうちほぼ21 %が製造業におり、これはサービス業及び商業/交通/接客業に次ぐ第三位の規模の産業です。ドイツ全国の統計と比較すると正しく自由州にとって製造業がいかに重要かが如実になります。ドイツの全雇用者数のうち約17 %は製造部門におり、バイエルン州は他の拠点より製造業が強いことがわかります。

 

また、付加価値創出における製造部門のシェアに関してもこの違いが明白です。バイエルン州の付加価値創出のうち27 %以上が製造業から生み出されており、これはドイツ全国の約23 %より抜きん出ています。結果: バイエルン州はドイツの工業のメッカであり、バイエルン経済連合会が行った調査によると国際的にも自由州は工業立地の品質面を世界的に比較すると、45カ国の中で第二位です。

Infografik: Wachstumsmotor Industrie (Vorschau)

全項目の表示またはダウンロードするにはプレビューをクリックします。

 

 

業界横断的イノベーションのための卓越した境界条件

 

それこそ正にバイエルン州のインパクト力に貢献している企業です。世界的に活躍する企業グループ、中堅の世界的ブランドリーダー、中小企業の幅広い層さらにこれらと同様に重要な点として活気溢れる起業や新興企業が皆貢献しています。

製造部門でも異なる業界が相互に差別化しており、自由州の強みがどこにあるかを明確に見せてくれます。大規模な圧倒的業界は当然のことながら自動車産業、機械製造、電子電機部門です。その他にも確立したいくつもの業界、例えば航空機や宇宙船製造、化学や金属製造も工業の立地としてのバイエルン州の定評を確固たるものにしています。ハイテクや伝統的製造業の共存自体が自由州を先端の州にしているミックスを為しています。しかもこの優れる状態は従来型の経済部門に関してばかりではなく、新種の業界横断的コラボによって可能になっています: 業界横断的イノベーションの潜在力は多様な業界や起業の多面的コラボによって特に大きいです。
 

VBW団体による研究からこの事実はどこからともなく起きているのではなく、自由州が整備してきた境界条件が卓越しているからです: 自由経済、効率の高い政府、イノベーション環境、有能な人材、多くの業界団体やクラスターが強力な業界に貢献しています。

 

このトレンドは継続しています

現在の統計が今後の見込を可能にしてくれます。どこでも存在している産業の空洞化トレンドはバイエルン州では起きていません – むしろ逆に産業が増加しています: 特にデジタル化とこれに結びついているインダストリー4.0というテーマこそバイエルンの産業が推進しているイノベーションドライバーです。バイエルン州の経済にとってこのことはよい見通しを提供しており、州の総付加価値産出にしめる製造業部門のシェアは増大の一途にあります。