トランスフォーメーションファンド・バイエルン:改革期の企業への支援

バイエルン州は、デジタル化の推進ではドイツ一の拠点で、経済成長を注意深く見ています。これに伴い、多くの企業が変化に適応するために改革を進めています。これを支援するためにバイエルン州は州内企業のための改革ファンドを創設しました。

バイエルン州経済大臣フーベルト・アイヴァンガー(左)と州立銀行LfA Förderbank Bayern CEOオットー・バイヤール博士(右) © LfA

トランスフォーメーションファンドはバイエルン企業を長期にわたり支援

 


バイエルン州とLfAバイエルン州立支援銀行は共同でトランスフォーメーションファンド・バイエルンを創設しました。デジタル化、気候変動、モビリティの変化を受けて、改革の途上にある中小企業がメインターゲットです。企業は世界的なコロナ危機の状況においても多くの問題に対処する必要があります。しかし、この新たな状況に適応できる企業こそが、目標達成に向けた未来へと第一歩を踏み出すのです。

 

バイエルン州政府とLfA バイエルン州立支援銀行の他、独立系個人投資家もトランスフォーメーションファンド・バイエルンの枠組みの中で投資を行うことができます。投資先の例としては:

 

  • 持株会社
  • コーポレートベンチャー企業
  • ファミリーオフィス
  • 財団


プライベート・リードインベスターは、まず初めに投資先となりうる企業のビジネスモデルと改革計画を審査します。リードインベスターがその企業への出資に意欲的な場合、企業はファンドに申し込むことができます。出資先企業の自己資本強化のための基金からの出資額は、総額2億ユーロが予定されています。各企業に対する出資額は、4~12年間で250万~1,000万ユーロです。ファンドは独立系個人投資家と同じ条件(パリパス条項)で出資に参加します。ファンドの出資には業界・分野の制限はありません。

 


経済の未来を見通す


このような財政支援や、デジタルボーナス・バイエルンをはじめとするその他の助成制度のおかげで、バイエルン州の企業は、新たな変化の波に一層的確に対応することができています。バイエルン州経済は、デジタル化と持続可能性の要求に対する革新的な答えを見つけるための変革の真只中にあり、バイエルン州は成長と発展の現場になっています。出資および受給要件に関しては、トランスフォーメーションファンド・バイエルンのサイトで詳細をご確認ください。