ビッツ&プレッツェルズ -デジタル起業家のための情報交換イベント-

秋のオクトーバーフェスト期間中に開催されるビッツ&プレッツェルズ(Bits & Pretzels)は元々、起業家向けの朝食会として4年前に始まった。バイエルン州の名物料理である白ソーセージ「ヴァイスヴルスト」を食べながら集う、小規模ながら居心地のいい集まりだった。そうこうするうちに、このイベントは世界最大の起業家交流の場へと変貌を遂げた。ミュンヘン旧市街の食堂からミュンヘン・メッセに隣接する国際会議場へと場所を移した。起業家の朝食会という理念はそのままだが、その規模は変わった。オクトーバーフェスト最終日の午前中、会場のテントを丸々一つ貸切ってのイベントとなった。1リットル入りのビールジョッキが次々と運ばれてくる中、「テーブル・キャプテン」の下に専門的な知見を得ることのできるネットワークが作られる。「テーブル・キャプテン」とは、例えば、成功したCEO、CTO、投資家、大学教授、あるいは、編集長などデジタル起業シーンで活躍する人物のことだ。その分野に関心を持って同じテーブルについた仲間に、自分の経験や知識を喜んでシェアする人物のことである。業界のトレンドについて議論し、役立つヒントを得て、様々なコンタクトを得られるこの方法が、参加者には他ではないような可能性をもたらすのだ。

秋のオクトーバーフェスト期間中に開催されるビッツ&プレッツェルズ(Bits & Pretzels)は元々、起業家向けの朝食会として4年前に始まった。バイエルン州の名物料理である白ソーセージ「ヴァイスヴルスト」を食べながら集う、小規模ながら居心地のいい集まりだった。そうこうするうちに、このイベントは世界最大の起業家交流の場へと変貌を遂げた。ミュンヘン旧市街の食堂からミュンヘン・メッセに隣接する国際会議場へと場所を移した。起業家の朝食会という理念はそのままだが、その規模は変わった。オクトーバーフェスト最終日の午前中、会場のテントを丸々一つ貸切ってのイベントとなった。1リットル入りのビールジョッキが次々と運ばれてくる中、「テーブル・キャプテン」の下に専門的な知見を得ることのできるネットワークが作られる。

「テーブル・キャプテン」とは、例えば、成功したCEO、CTO、投資家、大学教授、あるいは、編集長などデジタル起業シーンで活躍する人物のことだ。その分野に関心を持って同じテーブルについた仲間に、自分の経験や知識を喜んでシェアする人物のことである。業界のトレンドについて議論し、役立つヒントを得て、様々なコンタクトを得られるこの方法が、参加者には他ではないような可能性をもたらすのだ。

国際的なスターをゲストとして招待


催しの成功には輝かしいスターの登場が欠かせない。今年は、オスカーを2度受賞し、米国大統領フランク・アンダーウッド役を好演したケヴィン・スペーシー(Kevin Spacey)がオープニング・トークを飾った。とはいえ、次のような疑問を持つかもしれない。俳優が若いスタートアップの起業家たちにどんな専門的なアドバイスができるのだろう?その答えは、「本当に様々なこと」だ。最も重要なメッセージは、それがたとえまだ新しい企業だとしても「物語・歴史を語ることがいかに重要であるか」ということだった。

ケヴィン・スペーシーはスーツ姿で登場したが、2日目のハイライト・ゲストだったリチャード・ブランソン(Richard Branson)はバイエルンの男性用民族衣装、レーダーホーゼ(革製半ズボン)姿で登場した。それはともかくとして、ブランソン氏は「何が自分を突き動かしているのか」を語り、示唆に富む助言を与えてくれた。

Doch nicht nur die Hauptacts waren hochkarätig besetzt, auch deren Gesprächspartner ließen nichts zu wünschen übrig bzw. keine Fragen offen. Tech-Guru Mike Butcher (Techcrunch) und Journalistin Kara Swisher trugen sicher ebenfalls ihren Teil dazu bei, die Veranstaltung zum Ohrenschmaus werden zu lassen.

前進するフィンテックとインシュアテック

内容的には今年も幅広い分野が話題に上った。そして、今後の発展可能性はバイエルン州以外の起業家にも広がった。デジタル分野にフォーカスしないビッツ&プレッツェルズ?まさか、そんなことは考えもつかない。成長産業であるフィンテックとインシュアテック関連のスタートアップたちも、このセッションで居場所を見つけた。ビッグプレーヤーから創業したばかりの起業家まで、大いに語り合った。

フィンテックが金融分野においてまさにホットな話題だということは、最近ロンドンで開催されたブレクジット&グローバル・エクスパンション・サミット(Brexit & Global Expansion Summit)でも明らかだ。このテーマはビッツ&プレッツェルズでも熱心に議論された。ミュンヘンのスタートアップ企業スケーラブル・キャピタル社(Scalable Capital)は両方のイベントに参加した。同社はバイエルン州とロンドンに拠点を構える。終了間際のオクトーバーフェストの会場内、ショッテンハーメルテント(Schottenhamelzelt)にはScalable Capital社の共同創業者で、共同CEOでもあるエリック・ポズワイト(Erik Podzuweit)がいた。スタートアップビジネスのベテランとして、テーブル・キャプテンの一人として参加していたのだ。最もヒートアップした議題は何だったのか、彼が起業家にどんなアドバイスをしたのだろうか?

もっと知りたければ、インベスト・イン・ババリアのウェッブサイト#bytevaria第3回トークショーを見てほしい。dritten Folge unseres #bytevaria talks このトークショーにポズワイトがゲスト出演している。 Infografik.

 

バイエルン流ショートスピーチ

 


もちろん、バイエルン州特有の雰囲気がビッツ&プレッツェルズの魅力と人気を大いに盛り上げているのは間違いない。理由はいろいろある。ショートスピーチのやり方が独特で、国内外のビジターにもスタートアップ拠点としてのバイエルン州を身近に感じてもらえるような工夫をしている。バイエルン州のスタートアップの現場で活躍する5人の経験豊富なスピーカーを、バイエルン州の伝統的な即興歌謡ショー「グスタンツル(Gstanzl)へと招いたのだ。テーマは「スタートアップ」である。バイエルン州の伝統的な韻律歌謡に英語でチャレンジしてもらった。この様子もウェブサイトで動画を見ることができる。

ビッツ&プレッツェルズのイベントはメッセ会場やオクトーバーフェスト会場内のショッテンハーメルテント以外でも行われていた。例えば、ミュンヘンのスタートアップのためのインキュベーションセンター「WERK1」ではインベスト・イン・ババリアとWERK1が共催するポーカーゲームのイベント、「ポーカーナイト」が行われた。

なぜ2017年のビッツ&プレッツェルズをスケジュールにメモしておくと良いのか?

密度の濃い3日間のビッツ&プレッツェルズが終了した。このイベントに世界中から約5000人が参加したということ自体が、主催者のコンセプトが正しいことを明確に示している。

Auch Carsten Rudolph von BayStart-up und Franz Glatz vom Münchener Inkubator Werk1 haben mit uns ihre Einschätzung geteilt:

若い企業家にとって、来年もビッツ&プレッツェルズに参加することに大いにメリットがある、というのが結論だ。

その理由は…

1. 興味深いゲストスピーカーに会える!

ここ以外のどこで、ケヴィン・スペーシー、サー・リチャード・ブランソンやスポーツフロインデ・シュティラー(ロックバンドのSportsfreunde Stiller)と同時に知り合うことができるだろう?

2. 他の起業家から有益な情報と支援を得ることができる!

ビッツ&プレッツェルズは、スタートアップが他のスタートアップに成功する市場参入や健全な発展のためのヒントを与える場でもある。既に成功裏に一歩を踏み出した、あるいはスタートアップとして全ての通過儀礼をくぐり抜けてきた企業ほど、このテーマに精通しているものはいない。

3. 儲かる企業として存続するのに重要な経営上の情報と専門的なノウハウを吸収することができ、かつ当該分野の最新情報を得ることができる!

今回のイベントでは例えばフィンテックがトップテーマだった。

4. 快適な雰囲気の中で、変化に富んだプログラムがあり、イベントそのものを楽しむことができる! 

5. 引き続き支援してくれる人(例えば投資家)と出会うことができる!

6. インベスト・イン・ババリアも、2017年に再び、ビッツ&プレッツェルズで「オーツァップフト・イース」(“O’zapft is!“オクトーバーフェストでビール樽を開栓するときの掛け声)と叫ぶのを心待ちにしています。