キーワード:

Bildung, Fachkräfte

全ての件名
0

MINTイニシアチブとデジタル人材育成: 有資格後継者への持続可能な投資

起業や会社の現地拠点かを問わず、その設立には特に一つのことが共通して重要です:適材配置。このため、優れる専門教育を受けた技術者の採用のし易さは立地選定の際最も重要な判断基準になります。この貴重な資源を長期的に確保するため、自由州バイエルンはドイツ全国に渡るMINTイニシアチブとデジタル教育への巨額投資を投資て特段の取り組みを行っています

学生は3Dプリンターを利用して試作品を制作する

バイエルン州は科学、研究、技術の世界最先端拠点の一つです。この地位を維持し続け、さらに発展させるため、自由州は特に数学、情報科学、自然科学、技術(MINT)の分野で可能な限り早期に有資格専門職者の養成支援に取り組んでいます。これらの分野の資格こそ今後の多くの技術のために不可欠だからです。この点は学問分野にも人材開発にも当てはまります。可能な限り多くの人材を幼稚園から高等教育機関までMINT分野のために確保するため、バイエルン州にはこの方面で多くのプロジェクトやイニシアチブが実施されています。

MINT地域バイエルン州におけるMINT助成制度は地域的MINTネットワークの形成をサポートしています。その目的は若者にこれらの専攻分野での可能な学歴の後の就職まで一貫した興味を定着させ、彼らにとりわけ興味対象を障碍なく探求できるようにするために必要なインフラを整備することです。

バイエルン州全域で実施されているMINT助成


この際MINT助成は個々の人口集中地帯に集約するばかりではなく、バイエルン州の地域全体にくまなく実施することを目指しています。このようにして必要な人材がバイエルン州のどこでも調達できるようにしていこうと取り組んでいます。自由州で<link>17つのMINT地域<link>が当面の対象:


MINTアライアンス・バイエルンは新設ネットワークの構築を助成し、各地域を専門的に先導します。ネットワーク構造は個別のケースごとに異なるとはいえ、全地域が同じ目的を追求しています。一定して変わらないのは

  • 関連する研究機関、団体、スポンサーの団結と活発な協業
  • 長期的視野で成立した持続可能なネットワーク構成
  • 一貫したMINT人材養成ネットワークのための共通目標の設定
  • 派生的全措置の中央集権的調整
ロボットのプログラミング中の学生

MINTアライアンス・バイエルンはMINT地域を構築しており、各地域を専門的に先導しています: MINT地域に対して交流機会と戦略的及び内容面での継続人材開発を可能にします。その目的は教育課程のさなかにいる子供たちや若者にMINTから感銘を受けてもらうことです全ての教育課程を対象としたMINT助成

 

バイエルン州のMINT地域が全世代と学歴レベルにおいてこうした目標の全般的推進を追及する一方、特定の人材開発分野では照準を絞って支持を行うための追加的イニシアチブに取り組んでいます。

例えばMINT21はバイエルン州の職業高校を対象として生徒の支援に重点を置いた助成を行っています。

一方、プログラムMINT-Excellence (MINT-EC)はバイエルン州の優秀な高校をドイツ全国のMINT-ECネットワークに参加させ、数学・情報科学・自然科学・技術(MINT)の分野で二次レベルの第2段階であり、優れる特性を持つ学校間の協力を推進しています。この会員学校は特に将来の専攻と職業選択を指向することを前提として、MINTノウハウの専門的探求や実践的応用を結びつけるネットワークパートナーと助成制度を利用できます。すでにMINT-EC制度では生徒を対象とする広範なイベントや助成プログラムのほか教員や学校管理者の継続人材開発や専門知識の交流を実施しています。当面はバイエルン州の52校が全国エクセレンスネットMINT-ECのメンバーです。

対照的に、MINTerAKTIVイニシアチブでは学校と高等教育機関の間の橋渡しやMINT学究の魅力を高め、専門的要求事項及び日常の勉学の実際の姿を伝達することに重点を置いています。コースの始めに学生の成績や動機付けをブリッジコース、チュートリアル、学習グループ、メンタリングによって的を絞って高めることを目指しています。ここでも地域の強化が目的の核心です。このため2016年秋以来バイエルン州全体で14件のプロジェクト助成を行い、このうち4件が大学対象で10件は応用科学を養う専科大学で実施しました。

 

バイエルン州におけるデジタル人材養成の強化


マスタープランBAYERN DIGITAL II人材養成プログラムで人材を惹きつけようとしています! バイエルン州政府はスポンサー、資金需要者、研究に有利なようにMINTイニシアチブを超えてデジタル人材開発に巨額の投資を計画しています。このため例えば成績優秀な学校で情報科学コースを拡充して、デジタル化のチャンスを活用するため、自由州におけるデジタルの未来を目指すスイッチングポイントをタイミングよく整備しようとしています。 

こうしたイニシアチブや巨額の投資によって自由州は高度な資格者を持続的に確保するために深く取り組んでいます。このようにしてバイエルン州は企業が適材適所で専門人材を採用できるように補助しています。