ハッカソンとブートキャンプ:スタートアップへの手厚い支援と企業が得る利益

 ハッカーは企業にとって脅威か?とんでもない!より多くの企業が型にはまらないノウハウや創造性を重視するようになっている。既に知られているようなライフハックの力で自社のファイアーウォールの弱点を見つけ出すだけでなく、ハッカソンあるいはハックディズと呼ばれるイベントを開催することは、大企業にとってはもはや普通のことになりつつある。

Impressionen vom Burda Hackday III

 

 今やハックディズは、純粋にITにフォーカスしていた当時のイベントから自立を果たした。魅力的なデザインを持ちビジネスに耐える新たなアイデアの開発から、新進の破壊的ビジネスモデルまでが披露されるイベントだ。ITオタクと呼ばれていた人たちが時代を追い越した。プログラミング技術の発展と共にハックディズは創造性のホットスポットと言われるまでになった。こういったことが非常に緩い雰囲気の中で起こっている。ピザとエナジードリンクを片手に、優秀な頭脳の持ち主が夜遅くまで集まって様々なトラブルを分析、それに対する解決策を開発している。

 企業にとってハッカソンは創造的なアイデアを持つ有能な人材を雇用するためのまたとない機会だ。更に、そのために自社でイベントを企画する必要すらない。大学も同様にアイデアに磨きをかけるための場を提供しているからだ。例えばミュンヘンのキャンパス・ハッカソン(Campus Hackathon in München)は2回目の開催で、大学で学んだ論理を実際に応用することに関心を持つ人々が集まった。

 

 

具体的な問題に対処するための創造的な試み

 特に具体的な問題の解決方法としてハッカソンは非常に好まれるツールになった。例えば、共同で解決策を開発するイベント第4回Burda Hackdays(vierten Burda Hackday)は4月22日から24日にミュンヘンで開催された。イベントの主題は「労働の未来」だ。参加者は様々な観点から将来の労働環境、職場の課題を解決するためにアイデアを持ち寄る。コミュニケーションのアイデアからモティベーションへのアプローチ、独創的な労働スペースの提案まで、さまざまなアイデアが披露される。

 また、一見したところハッカーとの接点がほぼ見いだせないような業界にも新たなチャンスが提供されている。エアランゲン市で開催されるメド・ハッカソンは医療用センサーの新たな解決策を見つけようとしている。そのために必要不可欠となる医療の基本的な知識を補うためにフラウンホーファー研究所や大学病院から様々な支援者も集う。

  ハッカソンで恩恵を被るのは何も企業や支援組織だけではない。革新的なアイデアを持つスタートアップ企業にとってもアイデアを披露するまたとない機会となる。最良のアイデアには賞金あるいは賞品という形での栄誉が待っている。それ以上に起業家にとって重要なのは、自身のアイデアに対する需要と評価であり、多くの聴衆の前で自社の製品やサービスを紹介することにある。というのはしばしばその分野に関心を持つ限られた参加者こそが、広くアイデアを公衆に広める前の最初の試金石となるからだ。そこから生まれた非公式の枠組みに、往々にしてネットワークのチャンスがある。このようなイベントに大企業が参加するのは、スタートアップや企業にとって革新を共同で前進させるための絶好のチャンスだからだ。

 

スタートアップのためのオーダーメイド・サポート

 ハッカソンの、短期間で明確な期限を設けた内容の濃いグループワークは一つの学習方法ともなる。そのようなことからスタートアップ支援の現場では、設立者が事業の具体的な進め方を実践的に学ぶブートキャンプが開校されている。例えば2回目となるグーグルのLaunchpadプログラム(Launchpad von Google)がミュンヘンで4月に開催された。

選ばれた内外のメンターが、起業家が創業時に直面する様々な困難な課題を解決するための支援を行う。これを補うのがアクセラレーターやインキュベーターであり、地元のスタートアップ・エコシステムである。

 

ミュンヘン大学も同様の支援を標榜しており、このコンセプトで一挙両得の成果を出している。起業家センターと経営学部で学生を論理から実戦へと導くためのStart with Business Planningというイベントを開催している。具体的なビジネスプランをもとに学生は既に実在する会社の創業計画を練る。これにより学生は実際の現場を知ることができ、起業家は具体的な方法の提案を受けることができる。

 ブートキャンプやハッカソンなどの多くのイベントでバイエルン州はアイデアを磨く場としての恩恵を受けており、かつ既存の企業から新進のスタートアップに至るまで、イノベーション促進のチャンスを提供しているのだ。

 

 

バイエルン州で開催されるハッカソン、ブートキャンプの情報:

•    NASA Space Apps Challenge: 22.-24. April, Würzburg
•    #StartupPitchRegionNbg!: 04.05.2016, Nürnberg
•    Hackathon Virtual Reality: 30.06.-02.07.2016, Nürnberg
•    Mechatronischer Hackathon: 15.09.2016, Garching
•    BarCamp Regensburg: 15.-16.10.2016, Regensburg
•    Start-up Weekend Die Alm: 28.-30.10.2016, Schwangau