H2.B: バイエルン州の新しい水素技術センター

気候変動は経済、社会の全てに影響を与えます。環境に優しい、新技術で気候変動に立ち向かうため、バイエルン州政府は2019年秋にバイエルン水素技術センター(H2.B)を設立しました。バイエルン州の水素ビジネスを促進していくために、経済、科学、政治は協力し合っていくべきです。特に注目すべきなのは水素をエネルギー源とするモビリティです。

Copyright: Kurt Fuchs/H2.B

H2.Bバイエルン水素技術センター

バイエルン州ニュルンベルクに位置するこの技術センターの主な役割は、水素ビジネスにおけるバイエルンの技術的リーダーシップを強化していくことです。この目標を達成するべく、H2.B はまずバイエルン州の水素技術戦略を開発し、また一方で公的かつ効果的な実証プロジェクトを企画しなければなりません。世界、そして国内で更なる協力者を増やしていくために、大規模なネットワークと広報活動がこれらの活動を補助します。
2019年9月のオープニングイベントにおいてバイエルン水素同盟が設立され、経済・社会分野の多くの関係者がH2.Bバイエルン水素技術センターの支援を表明し、バイエルン州の技術強化に協力することを約束しました。

Copyright: Giulia Iannicelli / H2.B

バイエルン州の水素戦略

将来を見据えた水素技術拠点としてのバイエルン州の戦略開発は2つの柱からなります。計画時における戦略的な側面と、転換期における技術フィールドの同定と確立です。一見、複雑なようで実は簡単です。


戦略的な側面とは:

•    その技術を理解できるように提示する
•    規制の枠組みを構築する
•    どのようなインフラが重要かを特定する
•    戦略的な協力体制を構築する
•    ネットワークRR活動の運営



そして、転換を必要とする重要な技術フィールドとは:

•    水素の製造
•    水素の運搬
•    水素の利用
•    モデルスケーリング


上記の9つの重点項目を含めたバイエルン初の「水素戦略」がH2.Bで練り上げられ、2020年4月までに形になります。バイエルン州政府は水素ビジネスの推進力となり、未来を形作っていく上で重要な役割を果たすことになるでしょう。

Copyright: Kurt Fuchs / H2.B

バイエルン水素同盟の目標とは?


バイエルン水素同盟はH2.B設立に伴って誕生し、チャレンジ精神のあるいくつかの目標を打ち立てました。バイエルン州は水素とその主成分の工業生産主要拠点というだけでなく、水素の保管と運搬で技術的リーダーシップを取れるよう、次のような具体的な目標を立てています。
 


•    新しいPEM電解槽の開発と実証
•    2023年までに燃料電池ベースの自動車を開発と実証
•    将来のスケールアップに資する自動化製造プロセスの研究と実証ならびに将来のスケールアップを目指した行程の同定
•    世界初のLOHCステーションを2021年までに建設
•    2025年までに水素の保管および運搬技術をさらに開発し技術を確立する


同時に主要エネルギーとしての水素の実用性は、インフラとしての水素ステーションの拡張を伴って、改善される必要があります。バイエルン州では2025年までに新しい水素ステーションを100か所建設する予定であり、また2030年までにはEU全域でのステーション拡張も視野に入れています。

バイエルン水素同盟のメンバーとは?


同盟は設立メンバー17社と、設立後に新規に加盟した11社で構成されています。更に設立以来この方、研究機関、組合、企業からの支援もあります。
 

設立メンバーの17社とは:

•    AUDI AG アウディ
•    BAYERNOIL Raffineriegesellschaft mbH バイエルンオイル
•    Bayernwerk AG バイエルンヴェルク
•    BayWa AG バイヴァ
•    BayWa r.e. renewable energy GmbH バイヴァr.e.リニューアルエナジー
•    BMW AG ビーエムダブリュー
•    Erlanger Stadtwerke ESTW エアランゲン・シュタットヴェルケESTW
•    H2 Mobility H2モビリティ
•    HI ERN – Helmholtz-Institut Erlangen-Nürnberg für Erneuerbare Energien 
ヘルムホルツインスティテュート・エアランゲン・ニュルンベルク 再生可能エネルギー
•    Hydrogenious LOHC Technologies GmbH 
ハイドロジーニアスLOHCテクノロジーズ
•    Linde plc リンデplc
•    MAN Energy Solutions SE MANエナジーソリューションズ
•    MAN Truck & Bus SE MANトラック&バス
•    NürnbergMesse GmbH ニュルンベルクメッセ
•    Robert Bosch GmbH ロベルトボッシュ
•    Schaeffler AG シェフラー
•    Siemens AG シーメンス


設立後に加盟した11のメンバーは:

•    BAUER COMP Holding GmbH バウアーコンプホールディングス
•    bayme – Bayerischer Unternehmensverband Metall und Elektro e. V. 
bayme金属・電気バイエルン企業連合
•    Bayerischer Industrie- und Handelskammertag BIHK バイエルン商工会議所
•    Fraunhofer Gesellschaft フラウンホーファー協会
•    H-TEC SYSTEMS GmbH H-TECシステムズ
•    Kraftanlagen München GmbH / Diamond Lite S.A. 
クラフトアンラーゲン・ミュンヘン/ダイアモンド・ライト
•    Proton Motor Fuel Cell GmbH プロトンモーターFC
•    TenneT TSO GmbH テンネティーTSO
•    vbm – Verband der Bayerischen Metall- und Elektro-Industrie e. V. 
バイエルン金属・電気産業連盟(vbm)
•    vbw – Vereinigung der Bayerischen Wirtschaft e. V. 
vbwバイエルン州経済連盟(vbw)
•    Vitesco Technologies ヴィテスコ・テクノロジーズ


バイエルン州は積極的に未来をつくります!


バイエルン州政府はH2.Bとバイエルン水素同盟と共に、グローバルな未来を形作るという役割に注力します。地元のビジネスパートナーや世界のパートナーと共に、バイエルン州はエネルギー転換において、かけがえのない役割を果たしています。これは独立した専門家にも認められています。プログノス社のドイツ地域別将来予想図2019年版(Prognos Zukunftsatlas 2019)も、バイエルン州が今後数年間にわたって素晴らしい展望を持っていることを証明しています。