0

バイエルン州のゲーム産業: 単なるコンピュータゲームの域を超えて

世界中で、様々な産業がコロナ危機による巨額の損失と格闘している一方、バイエルン州のゲーム産業は前途有望のようです。ゲーム開発は近年上昇トレンドにあり、中でもXR(エクステンデッド・リアリティ)やVR(バーチャル・リアリティ)などの技術が重要性を増しています。将来に照準を定めたゲーム開発のために、業界を超えて、企業にとって新たなデジタル化の機会を可能にし、クロス・インダストリー・イノベーションを促進するための最適な環境がバイエルン州には用意されています。

今日では例えば、私たちの日常を再現して、それを最適化するゲームや、医療者の治療の助けとなるようなゲームが開発されています。スマートフォンやタブレットの普及で、ゲーム産業は好調です。これは、ゲーム開発を手掛ける企業の株価を見れば明らかです。ブロック・ビルダーズ.deの調査によると、上場している多くのゲーム開発企業の株価は右肩上がりとなっています。今ではテレビゲームは、「ゲーマーの部屋」の外でも当たり前の日常になりました。しかし、バイエルン州はテレビゲームの更に先を行っています。ゲーム産業はデジタル産業とは切っても切れない関係で、企業や公的機関でのデジタル化に爆発的な進展をもたらすことがしばしばあるからです。

バイエルン州のゲーム産業は未来産業

 

ゲームは単なる娯楽だという社会の評価は今やすっかり過去のものであり、今では重要な経済的ファクターの一つとなっています。これはバイエルン州でも同様です。単なる娯楽ではないゲームの例として、「シリアス・ゲーム」と呼ばれるものがあります。バイエルン州でも、この「シリアス・ゲーム」の開発者は活躍しています。「シリアス・ゲーム」を使えば、個人の生産プロセスを仮想プレイから分析し、そこからプロセスの最適化を的確に行うための手がかりを得ることができます。

2020年に公表されたvbwの調査によると、バイエルン州はゲーム産業でドイツ国内トップ3に入ります。バイエルン州には118社(うち90社がミュンヘン)のゲーム開発企業があり、総売上高は5億6,000万ユーロに達します。これは、バイエルン州がドイツのゲーム産業界でベルリンとノルトライン・ヴェストファーレン州に次ぐトップクラスに位置していることを表しています。

 

ゲーム業界への州政府の積極的な支援

 

バイエルン州政府はゲーム産業のポテンシャルを以前から認識していました。そのため、バイエルン州では例えば、拠点としての魅力を高めるため、VR産業への手厚い支援を行っており、この支援策はより一層の充実が図られています。バイエルン州映画映像基金(FilmFernsehFonds Bayern: FFF Bayern)やバイエルン州経済連盟(vbw)、ミュンヘンのデジタル創業支援センターWerk1に拠点を置くバイエルン州のゲーム産業統一ブランド“Games Bavaria”などのネットワーク・プラットフォームがVR産業のサポートを行っています。デジタル化推進が進められる中でネットワークの構築が進んだことも、バイエルン州のゲーム産業が攻勢へと転じた要因の一つです。2019年にはバイエルン州映画映像基金からゲーム業界に200万ユーロを超える助成金が投入されています。

 

XR=エクステンデッド・リアリティ

エクステンデッド・リアリティ(XR)にはオーグメンテッド・リアリティ(AR)、バーチャル・リアリティなどが含まれますが、これらは主にゲーム業界で使われる画像処理技術です。今日ではゲーム業界だけでなく、様々な他の業界でこの技術が使われています。

 

  • ヘルスケア
  • 建設・建築
  • 教育
  • 販売
  • 工業
     

メディア拠点でもあるバイエルン州は、ゲーム産業に関わる人たちを結びつける重要な場所です。バイエルン州のゲーム業界の関係者を結びつけ、スタートアップ企業にそのアイデアを試す場を提供し、更に最適なパートナーを見つけられるように多様な機会を提供しているのがXR Hub Bavariaです。XR Hub Bavaria はミュンヘン、ニュルンベルク、ヴュルツブルクの3か所に拠点を置き、ここにクリエイティブな人々が集まります。このプロジェクトは、バイエルン州デジタル省が支援しています。

[Translate to 日本語:] Julia Gerlach giving funds to XR HUB Nuremberg
助成金交付証授与式に出席したゲーアラッハ大臣(バイエルン州議会議員)、シュトラウスXR HUBニュルンベルク センター長、ニュルンベルク市Dr.ファース産業担当官。バイエルン州は、ミッテルフランケン地方にあるXR HUBに年間約15万ユーロを支出しています。

デジタル創業支援センターに注目

 

バイエルン州で活動するゲーム産業のスタートアップは、ネットワーキングや学際的な知識交換に関わる支援をヴュルツブルクにあるマインフランケン・デジタルイノベーションセンター(ZDI)で受けることができます。ここにはヴュルツブルク大学ヴュルツブルク・シュヴァインフルト専門単科大学、商工会議所、そして地元企業30社の知見が集まっています。イノベーションを実現するための科学と産業の幸福な出会いは、バイエルン州のゲーム産業界でも起きています。
デジタル産業分野の起業家はオーバーフランケン地方でも完璧なパートナーを見つけることができます。バンベルクのLagarde 1には、似たような技術を持つ会社が集まっており、ネットワークづくりやクロス・インダストリー・イノベーションの促進、あるいは新しいアイデアをサポートしてくれるパートナーが見つけられるコミュニティです。このセンターは、コワーキング・スペースやコーチング、ビジネスパートナーとの出会いを提供しています。バイエルン州の全27か所に及ぶデジタル創業支援センター、そして“OisEasyスタートアップ・プログラム“の詳細は、こちらをご確認ください。