バイエルン州は「労働環境4.0」のパイオニア

既にここ数年のうちに生活のあらゆる場所にデジタル化の波が広がっています。家だろうと、次の約束の場所に行く途中だろうと、あるいは職場だろうと、どこにいても私たちは今日、膨大なデータを取得し、それをまた加工して送っています。これに伴う労働環境の変化はとりわけ顕著です。業務分担のためのコミュニケーションツールの進化、人事管理や経理業務の最適化に資する様々なソリューションがデジタル化でもキーワードになっています。

近頃では、バイエルン州は様々な分野の多様な企業や、革新的ハブのおかげで「労働環境4.0」における先駆者に数えられています。「労働環境4.0」に関連する重要な企業、イニシアティブ、イベントをご紹介しましょう。


「労働環境4.0」がバイエルン州にもたらすもの


バイエルン州においてだけでなく、「労働環境4.0」が発展していく中で、企業幹部や従業員も恩恵を受けています。フレキシブルな労働時間やテレワークを活用できる環境がここ数年、業界の別なく大きな広がりを見せています。例えばバイエルンのコ・ワーキング・スペースはあらゆる人に人気ですが、オフィスの場所に関わらず、柔軟性と新しい労働スタイルがキーワードです。

もうひとつ、デジタル化と「労働環境4.0」によってバイエルン州で劇的に変わったのがリクルートです。いわゆるリロケーションサービスが、例えばバイエルン州の住宅探しを楽にしています。
スタートアップから老舗企業まで、ほぼ全ての企業経営者は今日、会社を持続的に発展させるために、この新たな可能性とコンセプトを活用しています。


バイエルン州のスタートアップが労働環境を大改革  


ここ数年様々な企業が「労働環境4.0」に着目しています。例えば: 

•    PersonioJ社は労務管理、給与明細、リクルーティングのための「オール・イン・ワン」ソフトウェアを提供しています。今年1月にはそれにより、4千万ユーロの補助金を獲得しました。 
•    KiwiHR 社はHR分野でクラウドサービスによるソリューションを提供しています。
•    TalentCube社は企業の求人システムの最適化と、個人の専門性に焦点を当てたオンライン求人を業界標準にしようと取り組んでいます。

更にフランス発MALT社が昨夏、バイエルン州に進出しました。企業が求めるフリーランサーを、クリック数回でマッチングできるプラットフォームを提供しています。今日、人事・労務管理分野におけるデジタル化の効果は既に目に見えるものになっています。


バイエルン州政府は州内の「労働環境4.0」をサポート


バイエルン州政府が設立したバイエルン州デジタル化推進センターZD.Bは「労働4.0」をテーマにプラットフォームを作り、この問題についての社会的な議論を可能にしました。その目的は研究者と経済専門家間で生産的な討議や提案を可能にすることです。これにより、バイエルン州政府は具体的な解決策について目標を定めて推進していきます。 

毎年ミュンヘンで開催されるHR専門展示会TALENT pro(出典:TALENT pro)

関連イベントがバイエルン州で多数開催


未来志向の企業やプログラムだけがバイエルン州の「労働環境4.0」に対する取り組みを国内トップに押し上げているのではありません。多くの展示会や専門家会議で、デジタル化とそれによる労働市場への影響について、あらゆる最新事項が規則的に様々な角度から指摘されています。

今年初めて開催されたBig & Growing New Work Festival は会期全8日間にわたり「労働環境4.0」をテーマとしていました。 

ミュンヘンで開催される TALENT pro はキャリアプランニング、リクルーティング、スタッフのブランディングなどを議題にしています。herCAREER は新たな労働環境における女性の挑戦を主軸に据えています。Expat in the City-Konferenz ではバイエルン州の「労働環境4.0」の可能性について様々な講演を聞くことができます。