バイエルン州の自動車技術 - 自動車産業にとって好立地

自動車産業はバイエルン州の主要産業であり、ドイツで製造される自動車の実に25%はバイエルン州で作られています。特に興味深いのは、オーバーフランケン地方にある200以上ものサプライヤーなくしてドイツでは一台の自動車も作れないだろうということです。高い品質を保証し、品質管理を徹底するために、オーバーフランケンケン地方にある自動車技術の研究施設では、他の産業分野でも利用可能な最新のテスト設備を備えています。

検査を通して自動車の安全性と耐久性の質を保証することは、競争の激しい自動車業界で決定的な役割を果たします。自動車の部品ごと、あるいはシステムや車体のためには特別なテストが必要になりますが、大抵は高い費用が掛かるため、企業によってはその費用の捻出に困難を伴うこともあります。

最新のテスト設備は他産業にも有用

ホーフにある自動車技術センターバイエルン(ATB)は、バイエルン州の自動車産業の中でも重要なサプライヤー拠点である南部および中部地区にある企業に対し、包括的な試験環境を提供しています。この最新の試験場は高フランケン自動車サプライヤーパークの中にあり、企業はここにある最新の試験設備や実験設備を利用することができるのです。

企業はここで、自動車業界向けに最適化された検査装置を使って品質保証と管理の検査を行うことができます。センターには環境シミュレーションや耐久性テストのための検査室、電子工学・電気工学の測定実験室もあります。例えば耐久性テストの検査室では、シートの耐久性、打撃・衝突・衝撃に対する試験の他、振動、引張、圧縮テストなどを行うことができます。

振とう機による検査(出典:ATB)

自動車技術センターは2003年9月、バイエルン州経済省の主導により、大手自動車サプライヤーや業界団体などの協力を得て設立されました。研究開発と生産という二つの機能を組み合わせたことにより、中小の自動車部品会社と自動車サプライ産業にとって他にない専門的な施設がバイエルン州オーバーフランケン行政管区に誕生しました。

最先端の検査インフラと手頃な地価でメリット

高フランケン自動車サプライヤーパーク

高フランケン自動車サプライヤーパークは、すぐに利用可能なスペースをまだ114万平方キロメートルも有しており、センターを利用したい企業には特に魅力的な立地となっています。サプライヤーパークは自動車技術センターに隣接しており、研究開発の結果をそのまま迅速に生産へと移行する最適な環境があります。ドイツ南部と中部、更にチェコの自動車生産工場はすべて、センターから遠くない場所です。手ごろな地価、開拓支援、投資助成金、そしてまさにこの場所にこそふさわしい研究開発支援までもが用意されており、総合的な経済的優位性が非常に高く、企業立地としての魅力が更に高まっています。有利な賃金水準による労働市場の潜在性と発達した物流網もあり、企業の拠点に必要な条件を全て備えています。