コロナウイルで困窮するバイエルン州の零細企業とスタートアップに緊急融資

LfAバイエルン州立支援銀行は従業員10人以下の零細企業に対する財政支援を行います。これは100%返済責任の免除される緊急貸付で、それぞれのメインバンクに申請をします。このLfAによる融資は新型コロナウイルスの影響で支払い不履行に陥る危険のあるバイエルン州の零細企業とスタートアップを対象にしています。

2020年決算報告会に出席したバイエルン州アイヴァンガー経済相(左)とLfAバイエルン州立支援銀行Dr.バイエール頭取(右) (提供:LfA)

新型コロナウイルスの流行による数か月に及ぶ事業制限で困窮する地元の零細企業やスタートアップに対して、バイエルン州政府は援助を行います。LfAの融資は従業員数の少ない零細企業やフリーランサー(訳注:ドイツでFreiberuflerに属する職業には医師、弁護士、公証人、税理士、技術者、建築家、ジャーナリスト、通訳・翻訳家などがある)を保護するための重要な措置です。これらの小規模事業者は条件に当てはまらないため、これまでの経済対策で恩恵を受けることができませんでした。この緊急貸付ではバイエルン州政府が事業者のリスクを100%肩代わりします。

2020年5月4日の決算報告会で、バイエルン州のアイヴァンガー経済相とLfAバイエルン州立支援銀行の頭取は「LfAの支援が更に拡大したことで、緊急支援を必要とする事業者に対してより広範な可能性を提供することができます。バイエルン州において、新型肺炎の感染による経済への打撃を可能な限り小さなものにするために私たちは引き続き措置を講じていきます」と述べました。


支援の範囲は?

このLfAno融資は零細企業の事業費、給与、予定されていたなどに対して申請することができ、返済期限は2020年末です。


対象者は?

バイエルン州に事業所あるいは支社を持つ、従業員が10人以下の全ての事業者とフリーランサーが対象です。また、個人投資家が融資をしているスタートアップも、LfAによる零細企業向け投資金額の多寡に関わらず申請することができます。



申請と支払いの基準は?

 

  • 少なくとも2019年10月1日以来、事業を行っていること。
  • 2019年あるいは平均して過去3年間売り上げがあること。
  • 2019年12月31日時点で欧州委員会の定義する問題のある事業者となっていないこと。
  • リスク評価なし、無料で臨時弁済も可能。
  • 従業員5人以下の事業所とフリーランサーには5万ユーロまでの緊急融資が可能。
  • 従業員10人以下の事業者とフリーランサーには10万ユーロまでの緊急融資が可能 。

 

新しいクレジットの迅速な導入は、バイエルン州にある事業者にどのような財政的な支援があるのかを示しています。LfAの零細企業への融資やコロナで影響を受けた企業に対する保護策など、バイエルン州政府が打ち出している助成制度や緊急支援策によって、バイエルン州は困難な状況下でにあっても理想的な企業拠点となっています。