0

バイエルン州-研究開発とブロックチェーン新戦略でデジタル先駆者に

ブロックチェーン技術はその汎用性の広さから、現代における最大のデジタル革命の一つと数えられています。経済、科学、社会はそれぞれ新たなビジネスモデルと効率的なプロセス実現のために、この新しい技術を様々な分野で試しているところです。その中でも特に重視されている分野が、バイエルン州の主要産業でもある自動車、物流、インダストリー4.0です。バイエルン州は国際的に競争力のあるブロックチェーン・エコシステムを確立させるという明確な目標を持っています。このようなハイテク産業分野における現在のバイエルン州の位置づけとはどのようなものでしょうか?バイエルン州ではどのような努力や戦略が行われているのでしょうか?それでは、産学の新たなイニシアティブから生まれたイノベーションとブロックチェーン技術を扱うバイエルンのスタートアップをご紹介しましょう。

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーン技術はインターネット上に何重にも複製され、暗号化されたデータを保存する分散型のデータ保存システムです。暗号化によって安全性が確保され、かつ経済的なメリットもあることから、利用者の間で信頼を得ています。ブロックチェーン技術を使い、データ、価値、財産権や所有権、デジタル資産の取引がシステム上で可能になります。全ての関係者にとって効率的で透明性が高く、明朗なシステムです。

バイエルン州でブロックチェーンの重要度が更に高まる

 

バイエルン州は早期にブロックチェーン技術の可能性と、この技術がもたらすチャンスを認識していました。そのため、産業界・学術界双方からブロックチェーンの技術開発に対する支援が途切れることなく行われました。ノウハウを束ね、具体的なプロジェクトを実行し、関係者のネットワークを作るためにBavarian Center for BlockChain – [bc]2が設立されたのを機に、バイエルン州政府はブロックチェーン戦略を提唱しました。多くのプロジェクトがすでに実行に移されています。バイエルン・ブロックチェーン協会はブロックチェーンに関する情報の拡散を目指し、2019年にフュルト市で開催されたクラスター会合では業界の代表者らと意見交換をしました。現在、ブロックチェーン分野におけるバイエルン州内企業の成長と研究は成果をあげています。


バイエルン州のブロックチェーン戦略

 

バイエルン州のデジタル省はブロックチェーン戦略に則り、技術のさらなる開発を注視するだけではなく、積極的に支援し、更に自ら政策を実行しています。その際に重要なのが以下の3点です。

 

  • Bayern.Block:バイエルン州をブロックチェーンの国際的な先駆地として確立
  • Bayern.Chain:技術の具体的な実践と促進を進め、独自の専門知を構築
  • Bayern.Trust:技術の実用と情報公開を確実にし、市民に供する
     

バイエルン州はブロックチェーン技術を利用したクロスインダストリーイノベーションを実現するために魅力的な環境づくりに取り組んでいます。バイエルン州の技術戦略を示した「バイエルン・ハイテクアジェンダ」の中で、州政府は量子技術、人工知能、そしてブロックチェーンにフォーカスしています。その中で研究プロジェクト、新しいイノベーション、将来の専門家育成のために20億ユーロの予算をつけています。「ハイテクアジェンダ」でバイエルン州は、テクノロジー分野における先駆者として確固たる地位を築き、更にそれを進めていくという決意を示しています。州政府はまた、この技術を州政府の業務にも活用して、有用性をテストするとしています。技術がこれまで以上に社会に役立つよう、戦略に基づいて情報を提供し、スキルアップのための機会を提供していきます。

これはBavarian Center for BlockChain [bc]2も参加している Munich Chamber of Commerceやミュンヘン商工会議所(Industry (IHK) and Bavarian Digital Ministry)が積極的にブロックチェーン構想によって論証されています。この構想により、将来的にはwebアプリケーションを利用して資格情報や証明書を簡単に検証することができるようになります。これによって企業は個人情報を保持することなくブロックチェーンによって本人確認することが可能になります。 

ミュンヘン商工会議所とバイエルン州デジタル省のブロックチェーンパートナーシップ©StMD

バイエルン州のブロックチェーン研究

 

大企業やスタートアップ企業もバイエルン州の優れた研究の恩恵を受けています。ミュンヘン工科大学のブロックチェーン研究チームなどの産学連携の研究プロジェクトは業界を超えたイノベーションの可能性を明確に示しています。バイロイトに拠点を構えたFraunhofer Blockchain Lab.(フラウンホーファーブロックチェーン研究所)は常に新しい可能性の探究と既存の取引の最適化に取り組んでいます。新たなブロックチェーン革命を起こすことに関する研究も活発に行われています。フラウンホーファーAISEC「教育のためのブロックチェーン」はブロックチェーンを活用して生涯を通じて偽造できないデジタル学習証明書の発行を行っています。

 

バイエルン州のブロックチェーンアントレプレナーシップ

 

 

スタートアップ企業はとりわけブロックチェーン技術の発展において大きな役割を担っています。バイエルン州の州都ミュンヘンはブロックチェーンのスタータアップの拠点としてドイツ国内で三本の指に入ります。エアバス、アリアンツ、E.ONやBMWなどのバイエルン州を拠点とする大企業のいくつかは既に国際的なブロックチェーンの統合にもかかわっており、ブロックチェーンの応用に関して各社独自の研究を行っています。例えばBMWはMobility Open Blockchain Initiative (MOBI)に参加しているだけでなく、BMWのスタートアップ協働プログラム「BMVスタートアップ・ガレージ」に参加しているVeChainとブロックチェーン技術を使った車両データの検証に関する協業を進めています。このようなデジタルパスポートは車両データ、例えば走行距離などを捜査して詐称することを防ぐことができます。BMWはブロックチェーン技術を金融サービスに活用するテストも行っています。ブロックチェーンがもたらす潜在的な可能性とクロスインダストリーの機会の観点から、スタートアップ企業が革新的な中小企業や大企業と協力してバイエルン州のさらなる発展を進められることには大きな価値があります。

様々なシーンで活用されるブロックチェーン技術

未来をつくるバイエルンのブロックチェーンスタートアップ

  • Tangany ブロックチェーンを活用して企業が暗号通貨などのデジタル資産をデジタル金庫で安全に保管するためのB2Bソリューションを提供しています。
  • Bernstein ブロックチェーン技術を用いて、公証人による知的財産の認定と保護を誰でもできるウェブ上のアプリケーションを開発しています。
  • gridX 新エネルギー分野でIoTによるビジネスモデルを構築し、ブロックチェーンにより分散型のエネルギー供給に取り組んでいます。 
  • chango 素早く簡単かつ安全に暗号通貨を取引するための個人向けアプリを提供しています。 

バイエルン州はブロックチェーンの重要拠点に

 

ブロックチェーン技術はまだイノベーション・サイクルの初期段階にあるにもかかわらず、現在既にデジタルトランスフォーメーションに大きく貢献しています。バイエルン州のブロックチェーン戦略ならびに、これまで成功してきたバイエルン州の経済と科学の両輪から成るブロックチェーンの活用は、バイエルン州が国際的に重要なブロックチェーン拠点になるための道筋を歩み、更に今後数年間のうちにデジタル先駆者としてその役割を更に拡大していくことを示しています。