バイエルン州起業家コンペ

初めに「思いつき」ありき - その「思いつき」が成功に至るまで、スタートアップにとってその道のりは長いものです。肝心なのは適切な支援です。メンター、そして財政支援も大切です。しかし、その支援はどこを探せばみつかるのでしょう?「思いつき」の知名度を上げるのが起業家コンペティションです。バイエルン州にはどのようなコンペがあって、どのような支援が受けられるのでしょうか。アイデアを練っている段階、ビジネスプランが出来ている段階、更に2ラウンド目の資金調達をしようとしている段階 - いずれのステージに対してもバイエルン州は適切な支援を用意しています。

アイデアを練っている段階、ビジネスプランが出来ている段階、更に2ラウンド目の資金調達をしようとしている段階 - いずれのステージに対してもバイエルン州は適切な支援を用意しています。

 

初期段階のスタートアップが応募できる


まだアイデアの段階でも、若い起業家は例えばミュンヘン応用科学大学が行っているコンペティション“Strascheg Award”などから支援を受けられます。重要なのは革新的であること、企業家としてのモティベーションがあること、そしてそれを実現する見込みがあることです。この3点で素晴らしいアイデアを出したスタートアップがそれぞれ選ばれ、合計3万ユーロの賞金が出されます。更に全ての参加者は専門家から助言を得られます。とはいえ、賞はこれだけではありません。アイデア段階の起業家向けには他にも以下のようなチャンスが用意されています。

  • IHK Gründerpreis Mittelfranken: ミッテルフランケン商工会議所起業家賞:ミッテルフランケン商工会議所に所属し、同地方に拠点がある新進企業に授与される賞
  • Paulaner Salvator-Preis: パウラーナー・サルバトール・プライス:ミュンヘンでの生活をより快適なものにするためのアイデアに支援を与える賞
  • Gründerpreis Ingolstadt: インゴルシュタット創業家賞:インゴルシュタットとその周辺で起業しようとする企業や起業家にチャンスを与える賞
  • Plan B Gründerwettbewerb: プランB起業家賞:生物学を基礎に持続可能な解決策を提供する、バイエルン州と関りのある「グリーン」なビジネスアイデアに与えられる賞

 

ビジネスプランで可能性を証明

広範かつ公的な支援を提供する相談窓口BayStartUPの存在によって、起業家は投資家とつながり、また企業側はスタートアップにどのような要望があるのかを知り、そのための準備することができます。バイエルン州の各地でビジネスプラン・コンペティションが開かれ、起業家は説得力のあるプレゼンテーションで賞の獲得を目指しています。いずれの賞でも全ての参加者が資金提供者や経済界の代表から専門的なアドバイスを受けることができます。



ビジネスプランのみで応募できる「ニーダーバイエルン起業家コンペ」は地域に根差したコンペです。応募されたビジネスプランは全てが審査された上で、ビジネスプランの質の向上と当該事業分野で成功するための改善点などに関する専門家からの助言を受けられます。賞金は選ばれた3起業家および、「昇格」「スタートアップ」「起業後継者」の各カテゴリーに特別賞が授与されます。Ebenfalls regional ausgerichtet ist der Gründerpreis 

ホーホシュプルング(走り高跳び)・アワード」は教育機関から生まれた革新的なアイデアに対して送られる賞の筆頭です。応募できるのは州内にある応用科学大学(専門大学)での講義やゼミで起業のアイデアを思い付いたスタートアップです。少なくともメンバーの一人がバイエルン州の応用科学大学に在籍して講義やゼミを受講したことがあり、既に起業しており、かつ創業から5年以内であることが条件です。アイデアを生み出すきっかけとなった講義・ゼミをおこなった教官もスタートアップと共に表彰され、賞金はスタートアップに授与されます。

 

イノベーションと成長


アイデアからビジネスプラン作成までの段階を支援する賞の他にもバイエルン州には成長途上の企業支援もあります。例えばメグレ・起業家賞はローゼンハイム、トラウンシュタイン、ミュールドルフ、エバースベルク近郊のスタートアップを対象にしています。バイエルン州イノベーション・プライスバイエルン州起業家賞は州内にある発展途上の全てのスタートアップにチャンスを与えます。健康やeヘルス分野における先進的なソリューションに対しては「バイエルンイノベーションプライス・テレマティーク」という賞があります。年内にまだ応募可能なのは「バイエルン州起業家賞」、の応募締め切りは12月30日です。