最新の調査が語る結果:バイエルンが上位を塗り替える

経済的成功と生活水準の高さはバイエルン州のどこでもみられます。『FOCUS ドイツ国内ランキング2018』のトップ10に、バイエルン州の5つの郡が入りました。また、『brand eins』という経済マガジンの最新『イノベーション・ランキング』でも、バイエルン州が上位に入っています。

 FOCUS ドイツ国内ランキング2018(7/2018号)で、「成長と雇用」「起業」「生産性と立地コスト」「収入と魅力」「生活水準」など重要な指標を基に、ドイツ国内401の郡と都市の順位が発表されました。まさに、バイエルン州の魅力と経済を知らしめる総合ランキングとなりました。1位にはまたもや、常に繁栄し続けるミュンヘン郡が入り、それに迫る勢いで続くのが隣接するエーバースベルク郡です。トップ10にはエアランゲン・ヘーヒシュタット郡、フュルステンフェルトブルックとギュンツブルクもランクインしています。

 

 バイエルン州の強さはこの調査全体の個々のカテゴリーでも明らかになっており、バイエルン州の各地域は常にランキング上位に入っています。「成長と雇用」という重要な指標では、ドーナウ・リース郡とメミンゲンが上位を占め、企業にとって重要な「生産性と立地コスト」ではミュンヘン郡の隣に位置するディンゴルフィング・ランダウ郡、プファッフェンホーフェン・アン・デア・イルムとコーブルクが入っています。とりわけ地方都市は、その特徴に応じた強みを発揮しています。

 

 経済マガジン“brand eins”のイノベーション・ランキング2018でも、バイエルン州が上位を占めています。25,000人以上の専門家による評価で合計496人ものイノベーターがノミネートされました。その中には大企業や中小企業の他、ベンチャー企業も多く含まれています。バイエルン州からは130人のイノベーターがノミネートされ、ノルトライン・ヴェストファーレン州やバーデン・ヴュルテンベルク州に大きく差をつけています。都市別のランキングでは64人のイノベーターを有するミュンヘンがドイツで最も革新的な都市として栄冠を手にしました。

 

ヨーロッパの強力な地域に属するバイエルン州―ここに投資する価値があります!