5分を… 3DD Daimler Buses (EvoBus GmbH)プロジェクトカスタマーサービス/部品部長(CSP) ラルフ・アンダーホーフシュタットさんと過ごす。

交換部品の高い納入実績の維持や個々の顧客の要望は製造業ではますます重要になっています。Daimler AGの完全子会社としてEvoBus GmbHは大型バスの開発生産を行い、これに適合したサービスを提供しています。同社は部品生産に3Dプリントを早くから利用している先端企業です。100を超す許可済みの部品を生産できるEvoBus GmbHは客先に短納期で販売でき、個別のトレイセグメントやカップホルダー等多くの事例で顧客の望みに応えています。このインタビューでアンダーホーフシュタットさんに3Dプリントがいかにノイウルム拠点の付加価値創出を革命的に強化したかについて説明していただきます。

3Dプリントは試作の制作としか関連づけられないことがよくあります。このプリントプロセスが部品製造に適するのはなぜでしょうか?
積層造形された部品特にバス業界では交換部品にも少量シリーズ分野でも大きな売上を見込んでいます。弊社で使用している3Dプリント部品はDaimler AG規定の品質基準と生産基準に準拠しており、積層造形された部品によって高価な保管費、弊社からの納期最適化といったいくつもの最新の「痛い所」を解決しています。さらに交換部品分野であらゆる物の前に各3D部品を後から特定の部品番号を基に世界中で補充発注可能となるようにでき、金型コストを解消できるので、特殊部品や少量シリーズ部品も可能になりました。その他のメリットとしては、従来の部品より軽いことと多くのブランド保護手段が得られたことです。

 

3Dプリント技術を利用したためにさらに何か経済的優位性が得られましたか?
この技術のおかげで何よりまずいくつもの競争上の優位性を確保できます: 3Dプリントなら高価な金型制作費を解消でき、さらに、保管費の最適化が可能になり、余分な材料の廃棄がなくなったため大いに金銭的に節約できます。対顧客のその他の利点としては迅速な対応が可能になったことで – 着想段階から納入まで数日で可能です。

 

3Dプリンターによる部品生産によりどんな環境面のよさがありますか? 
弊社の持続可能性戦略において環境面も極めて重要です。3Dプリント技術により最小引き受け数量が確定するので積極的に余剰生産を回避しており、 余分な材料の処分が不要になって環境を大切にできます。部品の可用性が高くなるので長距離輸送を省略できます。

 

EvoBus GmbH – Daimler Busesの実装済み交換部品

この生産プロセスにはどんなリスクを前提すべきであり、これらのリスクをいかに対処できますか?
3Dプリントでも周知のリスクや製品海賊版という危険は当然相変わらず大きな課題です。印刷用の3D-CADデータは不法コピーに対する当然大きな潜在力を提供してくれます。ブロックチェーン技術や暗号化等による保護といったいくつものブランド保護措置によってリスクに対処しています。

 

御社はノイウルムを拠点として選定し、1995年以来特にここの拠点で最終組立を集約化しました。こうした意思決定にはどんな理由がありましたか?
積層造形は弊社の拠点地域の強みであり、さらに、当然のことながらウルムと周辺(新しい駅等)の拡大計画に配慮しています。さらに、この地方では優秀なバイエルン州の高等教育機関とここから育つ高度の資格がある専門技術者に恵まれています。

 

バイエルン州のパートナーとのどんな提携が御社の積層造形におけるリーダーであるために意味がありましたか?
今日も今後もプロジェクトの共同企画が重要な役割を持ちます。バイエルン州のパートナー(特にミュンヘンの新興企業)やクライリンクに拠点がある世界市場のリーダーEOSとのいくつもの協力を活用できます。

 

アンダーホーフシュタットさん、あなたはシュバービング地方出身です - 最後に、故郷でお気に入りの場所はどこですか?
バイエルン州のシュバービング地方は実に多くの美しい場所がありますが、一つの場所には私が特によく行きます:ロッゲンブルクの西にあるロッゲンブルガー・ヴァイハーがそれで、修道院で知られる場所です。ヴァイハー事態夏になると素敵なリフレッシュメントが可能で、至る所美しい遊歩やサイクリングが可能な場所があり、戴冠というのはヴァイハーの夢のような景色を眺望できるレストラン「小さいベネチア」のおいしいピザです。


バイエルン州民としてこの州の経済の強さ、文化、当然サッカークラブ・バイエルン・ミュンヘンにも真に誇りを感じています。自由州で生活し、勤務できることは一つの贈物です。バイエルン州では卓越した自動車産業、優秀な大学、極めて革新的発想をする人材に恵まれており - この州の失業率はドイツで最低です。

Daimler Buses (EvoBus GmbH)

バイエルン州に進出した年:

1995年

バイエルン州に設立された部署:

製造

業界:

商用車

本社:

シュテュットガルト

詳細はこちらから:

www.evobus.com