未来のモビリティー:バイエルン州がここでも先導役

モビリティーのテーマにおいては自動車が発明された125年前の人と同様大きな変化が起きています。マイカーは長年自由と独立の象徴であり社会的ステータスの表現でした。この点が正しく今根本的に変わりつつあります。特に、快適かつ迅速に地点間を移動するという自動車本来の目的に関して言う限りそのことが言えています。さらに、持続性というテーマもますます重要になってきました。

こうして今すでに例えばライドシェアリング等のデジタルサービスがモビリティーを変化させています。自律型シャトルは以前からテスト走行しており、一般道での実用はそう遠くない頃に実現する見込みです。Lufttaxis(ルフトタクシー)でも集中的に研究が行われており、近い将来近距離の空気浮動式人員輸送は技術的に実現する見込みです。

モビリティー部門のデジタル転換を促進するため、バイエルン州ではこの業界のリーダー間で協業を特に補助しています。このためには車両、鉄道や航空機のみが対象なわけではありません:モビリティーは新技術の導入によって根本的に革新されることになりますこの際特に著名企業の関連する加速器としての役割が卓越した役割を演じています。

追越車線に留まる: モビリティーの起業を対象としたバイエルン州の加速器

  • BMW起業ガレージ
    BMWはいわゆるベンチャークライアントとして、製品の商品化段階以前からすでに選抜したモビリティー関連の起業後まもない会社と協力しています。本番プロジェクトで各製品を商品化まで開発し、BMWの技術部門と応用可能性を試験します。この際同自動車メーカーは相談役としてばかりではなく、得意先としても機能します。

  • MANインパクト加速器
    この業務車両メーカーは社会的及び生態的挑戦のための持続可能なソリューションを発見するため、輸送・ロジスティクス業界のためのイノベーションに取り組む新興企業を支援しています。この際MAN300名の著名メンターを提供するほか、適切な投資家や多くの有用なMANのリソースへのアクセスも提供します。

  • フォルクスワーゲン・データラボ・ミュンヘン
    同社は新興企業スペースプログラムにおいて実際のVWにおけるプロジェクトでデジタルアプリケーションを迅速かつ効果的にテストし、継続開発する機会を提供しています。このプログラムの参加者はデータベースやツール、ノウハウといったグループ全体のインフラにアクセスできます。

  • ESAビジネス・インキュベーター・センター・ババーリア(ESA BIC Bavaria)
    同センターは新興企業にモビリティー業界に関連する多くの領域で支援や技術専門知識を提供しています。これにはとりわけ衛星ナビゲーション、データシステム、ロボット技術、ソフトウェアシステムが挙げられます。オーバーパッフェンホーフェンの本拠の他、ESA BICババーリアはニュルンベルク、ベルヒテスガーデン・ラント、オットブルンで支部を運営しています。

  • デジタル・ハブ・モビリティー
    デジタル・ハブ・モビリティーにおいてはモビリティー分野の企業と技術会社が協業しています。その目的はモビリティーの分野でここバイエルン州の拠点を強化し、イノベーションを持続可能に助成することです。このため、新興企業や学界と協力して業界横断的なモビリティーのソリューションを開発しています。デジタル・ハブ・モビリティーは<link>企業家TUM<link>という起業・イノベーションセンターに本拠を置きます。ドイツ全国で合計<link>12のデジタルハブ<link>で作るこのネットワークは連邦政府のイニシアチブであり、モビリティー・ハブの他にもバイエルン州にはニュルンベルクのデジタル・ヘルス・ハブがあります。


未来のモビリティーのための魅力的な拠点
バイエルン州の卓越した拠点設置のための前提条件がモビリティー業界の多くの起業計画を誘致していることは想像がつきます。この中でも特に極めて革新的な新興企業<link>Lilium<link>(リリウム社)が破壊的革新の契機を追及して活躍しています。その垂直離着陸式の電子制御飛行装置は近い将来タクシーフライトというビジョンを実現させる勢いです。

ミュンヘン技術大学のWARR Hyperloop(ヴァール・ハイパーループ)のチームも同様に革新的であり、3回連続して正式なSpaceX Hyperloop Pod Competition(スペースXハイパーループ・ポッド・コンペ)で優勝しました。モビリティー分野のさらにもう一社のバイエルン州のプレイヤーはヴュルツブルクにある新興企業EmQopter(エムコプター)です。その創業者の方々は無人で積荷をA地点からB地点へ輸送できる初の認可を取得しうるドローンを開発していました。EmQuopterによるその他の投資事業にはAI(人工知能)搭載のセンサーモジュールやキャッチアーム搭載ドローン、研究用の飛行装置も含まれています。

全世界からの企業のために最適な見通し

バイエルン州のモビリティーエコシステムにおいて地場の新興企業が快適に思っているに留まりません。モビリティー・ハブは多国籍企業にも強力な吸引力を及ぼしています。中でも2018年初にはカリフォルニア州からUberの競争相手Lyftがミュンヘンに欧州発の拠点を設置し、ここから特にSLAM技術(Simultaneous Localization and Mapping、同時即位・マッピング)に取り組んでいます。さらに、中国のEVメーカーNio(蔚来汽車)もバイエルン州で最近から車両開発を開始しました。ニーオはミュンヘンが自動車デザイナーにとって最適な立地であること、自動車部品業界に極めてアクセスし易く、さらに高い生活の質がメリットであると確信しています。こうしたメリットは中国の競合自動車メーカーFAWBytonも同じく認識しており、未来のモビリティーのイノベーション拠点としてバイエルン州に賭けています: FAWはミュンヘンのWeWorkシェアオフィスに今年11月にオフィスを設置したばかりですが、Bytonは2017年以来イズマニンクからバイエルン州製のデザインを生み出しています。さらに国外からの誘致例として、ボルボとオートリブの共同事業Zenuity(ゼニュイティー)社がドライバー支援システムと自動運転機能のソフトウェアを開発しています。