成功に向かうコラボレーション:バイエルン州の協業

商用物件のコンサルティング会社Cushman & Wakefieldによるある最新の研究によるとミュンヘンはドイツではコラボのメッカであり、欧州においては見本となる拠点であることが判明しました。これに寄与しているのは確固としたインフラであり、バイエルン州は州都以外でも新興企業や投資家の気を惹きつけるように工夫しています。コラボコンセプトのメリット及び全当事者にとってそこから生まれるチャンスに関して。さらに、自由州にあるすべての関連するコラボオフィスを掲載した対話的地図をご用意してあります。

最新研究ではミュンヘンの欧州コラボホットスポット指数は第6位です。ここバイエルン州都はこうして欧州において、とりわけドイツ全国での比較において先導的な地位を占めています。「欧州コラボホットスポット指数は簡素なものです:規模調整、取引環境、人材、触媒要素等の要因を加重して計測している最も意義のある欧州都市のランキングなのです」と、発起人の方々が説明しています。これによってその研究は他のドイツ都市よりバイエルン州の都市が持つ莫大な優位性を強調しています。ここには技術者もいるほか他の拠点では得られないことがよくある関連の全技術カンパニーが存在しています。

下のグラフィックをクリックすると対話的マップになっていますので、自由州のコラボスペースについてさらに詳しくご覧になれます:


バイエルン州の政策は新興企業及びコラボの風土を培う


新規設立及びコラボの拠点としてのバイエルン州がブーム期を継続しているということは、最近新規のコラボスペースが開設されたアウグスブルクの事例が当面は代表的なものです。ルーツコラボというコンセプトによってシュバーベンデジタルセンター - 及びこれに係るバイエルン自由州も - がここの拠点を同州における重要な起業ホットスポットの一つとして整備しています:シュバーベンデジタルセンター(DZ.S) はバイエルン州経済土地開発エネルギー省の助成を受けており - 自由州にとって起業風土がいかに重要かをこうした事情が示しているだけにとどまっていません。バイエルン州デジタル起業家センター(DGZ)も新興企業を対象とした多くの興味深いプログラムをはじめコラボスペースまで提供しており、バイエルン州はこうした政策におって重要な起業立地としての地位を固めています。当面ある12個所の起業家センター以外に近い将来はバイエルン州全域に7個所設置予定 – とりわけドローン技術及びビッグデータへの特化が予定されています。明らかな点が一つあります:今やイノベーションとコラボは切っても切り離せなくなりました。

コミュニティーオフィスは起業家ベースの拡大及び維持のために必須のもので、このためドイツ全国的にとりわけバイエルン州においてはトレンドになっています。2017年にはドイツの7大都市(ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルン、フランクフルト・アム・マイン、シュツットガルト、デュッセルドルフ)だけでも20万平米のオフィススペースをそれぞれのサービサーが賃貸しました。ミュンヘンには当面すでに213,000平米のいわゆるフレックスオフィススペースがあり、このトレンドは右肩上がりです。こうした大きな興味が集まる要因は特にコラボスペースでは関係者が多くの利点を享受できることです。オフィスデスクでもオフィスごとでもレンタル:賃貸者は優れる作業基盤が約束されること以外にもとりわけこうした環境においては有用な相乗効果に期待できることも買っているわけです。

このことは当然のことながら自営業や新興企業だけではなく投資家にも該当します。投資家は新興企業同様ここに集結して成り立つ共同体を活用できます。それだけではなく、国外から来るどの企業にとってもコラボは魅力的なモデルです。バイエルン州ほどネットワーキングが容易な場所は他にありません。多くのプロバイダーの特化型ネットワーキングイベントがさらに開かれた風土に寄与しています。コラボコンセプトから生まれる柔軟性がここから生じます:短期的に別の拠点都市を目指したい人は容易に切り替えができます。それに伴い最適条件の完備した機能性があるオフィス基盤に妥協せずに済むので、移動リスクは最小限のままです。

ニュルンベルクとミュンヘンで展開するコラボプロバイダーDesign Officesのミヒャエル・シュムッツァーCEOはコラボコンセプトの利点を強調してこうおっしゃっています:「重要な点は、顧客が心地よくいられ、自社の課題に集中して取り組めることです。このため弊社にとっては機能性やデザイン以外にもサービスが最適な職場の条件に含まれます。こうした側面の全ては仕事の成果や動機付けに影響します。便利な移動性がいかに重要かを把握しているので、ここの拠点専用の自転車を無償で提供しており、これが実質的な付加価値にもなっています。」

コラボスペースの利点を以下にまとめます:

  • ネットワーキングの可能性
  • インフラと装備
  • コスト削減
  • 都心の立地
  • 柔軟性


これほど多くの利点がある以上、Invest in Bavariaが提供している新興企業用初期サービスOis Easyにはコラボ環境の一環として無償のオフィススペースが含まれているのも偶然ではありません。その他の構成要素としては、コーチング、行政手続き関連のサポート、弊社の包括的なネットワークへのアクセスが挙げられます。