世界はバイエルンに招かれる:日本の伝統で成功を収める

東京にある皇居や築地市場、白川郷や五箇山の歴史ある村々、これらは一見バイエルンとは何の関係もないように思われます。南ドイツと極東の文化は大いに対照的であるとはいえ、両国の文化・経済の結びつきはそれとは逆の様相を示しています。

友好的な相互関係の良い例としては、国際的な姉妹都市関係があり、例えばミュンヘンと札幌、ヴュルツブルクと大津などが挙げられます。そしてバイエルンには魅力があると見えて、ミュンヘンだけで3000人、バイエルン全体では7000人の日本人が住んでいます。日本人住民へのたくさんの情報については、教育機関の幅広い選択や、ビジネス・文化の多くの拠点が寄与しています。これらすべてが、仕事と自由時間のバランスのとれたミックスを生みだすのです。

子供靴から大学での勉強へ


日本人の新しい住民の相互関係と成功をサポートするため、バイエルン州は若い世代に適した機関を提供しています。それをこれまで担ってきたのは州都ミュンヘンであり、保育グループ「ぽっぽの会」 や日本人幼稚園がすでに早期教育における適切な分岐点を用意しています。学校教育においても、ミュンヘンには 学校法人 日本人国際学校 があり、親が子供を狙いを絞って育てられます。日本の 学習塾 京進 もバイエルンで開校しました。 日本に興味があるアビトゥーア取得者は、自分の知識をミュンヘンとエアランゲンにある日本学講座で深めることができます。ルードヴィヒ・マクシミリアン大学(ミュンヘン大学)やミュンヘン工科大学が大学交流協定を結んでいるため、バイエルンには200人もの学生が日本から留学しています。提携している大学には福岡女子大学、同志社大学、慶応大学、京都大学などがあります。

成功のファクター・国際性


ビジネス界における適切なスタートやそれに関連する日独関係についての例は、バイエルンを拠点に選んだ日本の強力な企業の多様さが保証しています。なぜなら、ミュンヘン経済圏には今では約250の日本の大企業やビッグプレーヤーが定着しているのです。その中には、アルパインのヨーロッパ拠点、ソニー・ピクチャーズ・ホーム・エンタテインメントや富士通テクノロジー・ソリューションズのドイツ本社もあります。最近、OTCダイヘン・ヨーロッパ - 日本からの隠れたチャンピオンであり溶接ロボットの世界における市場リーダーのヨーロッパ拠点 - が バイエルンで最初のショールームを開設しました。  経済交流について、官庁が関わる案件ならば、まずは 在ミュンヘン日本国総領事館 が力を貸してくださるでしょう。

こちらの画像をクリックするとインフォグラフィックの全体像がご覧いただけます。

 

魅力的な文化と伝統


規模の大きい日本人コミュニティは、幸運なことに自由時間が退屈にならないよう、日本文化をホスト側バイエルンと共有してくださるのです。一年を通し、日本に関心ある方は ミュンヘン西公園 や フルト・イム・ヴァルト の日本庭園で日本的な造園の美を前に驚嘆してみましょう。 シュバーベン地方のディンケルシェルベンには 禅寺 菩提山正宝寺 があり、瞑想コースを提供しています。ヴュルツブルクには医師・自然研究者・日本研究者フィリップ=フランツ・フォン・シーボルトの生涯と収集物に献呈された 博物館 があります。特別展は時に変わり、さまざまな日本人アーティストの作品を紹介しています。
暖かい季節には、特別なオープンエアのイベントが大人にも子供にも愛されています。ミュンヘンでは、2つのイベント - 有名な蚤の市「アウアードゥルト」の翻案として Japandult「ヤーパンドゥルト」がグロッケンバッハヴエルクシュタットで開催され、また英国庭園では ミュンヘン日本祭り があります。後者は今年は7月16日に開催されます。もちろん、日本の茶室のそばで本物のスタイルです。アウクスブルクでは、独日協会アウクスブルク・シュバーベンが毎年 日本の春祭り に人々を招きます。
日本の海外在住者としてバイエルンの 美容師・理容師 の限界に突き当たった時には、 日本の髪の特徴に慣れた特別な美容師・理容師もいるのです。