バイエルン州にある日本企業に向けにるピーアールセミナー

ドイツにある日本企業としてはドイツでどのようにどうやって弊社自社のニュースを報道機関に伝わればいいのか。どうやってどのように適切なメディアを選べばいいのかニュースにあってるジャーナリストに伝われるのか。ドイツと日本の報道陣の違いは何か。

Freistaat Bayern - Repräsentanz Japan

ドイツ市場でPRを展開する方法、あるいはメディア戦略に関する実際的な解決方法を学ぶセミナーが9月17日にバイエルン州駐日代表部、共同PRおよびス トーリーメーカー社との共催で行われた。ドイツに子会社を持つ日本企業の広報担当者が集まり、セミナーに参加、ディスカッションが行われた。

結論:日本の首都東京は同時に報道機関のしゅと首都であるりながら、ドイツでは歴史的な理由で若干な町は内容ごとにそれぞれの都市にテーマによる報道機関 センターに発展したが分散している。このことはそれは例えば記者会見でも、また共同会見を行い場合もイベントや見本市への招待状の場合でも有効同様であ る。

日本貿易振興機構が協賛した行ったドイツメディア世論調査によればって、バイエルン州のジャーナリストのが最も日本との接点数が一番多くであることが明らかるくになった。バイエルンにある日本企業はの情報を伝わえる機会が非常に高い多いといえる。

最初にバイエルン州駐日代表部は冒頭で企業位置立地としてのバイエルン州の成功ストーリ物語について述べを語り、最後にオクトバーフェストシーソンシーズ ンにはまるぴったりなバイエルンのビールと名物料理を供してのネットワーキングレセプションに招待したを行った。(日本語でnomunication)