ベスト・パースペクティブ:バイエルン州にはバイナリ企業に格好のアウトルックがあります

多くの疑問に多くの見地から応えます:バイエルンの企業が成功している秘訣は?価値創出的エコシステムを生み出す強力なパートナーの存在でしょうか?エリート教育の卒業者か革新的創業者かを問わず、若いタレントが集まっているからでしょうか?あるいは、多くの人材や企業をここの拠点に引き寄せ、デジタル化を推進するといった全く異なる事業条件のためでしょうか?


Googleから見たバイエルン

 

バイエルン州で成功している企業に「なぜ」を問いかけます。これらの企業は、自社にとって重要成功要因である全く独自のパースペクティブを私たちと共有してくれます。第一回目は、ミュンヘンに拠点があるドイツGoogle のエンジニアリング部長Dr.ビーラント・ホールフェルダー氏にバイエルンで最も有名な都市をご案内して頂きます。バイエルンで最も有名な都市の中の1つで同氏に案内して頂きました。

 

 

ミュンヘンは欧州最先端ICT拠点の1つとして認められており、ここから本当にメリットを受けています。 Dr.ビーラント・ホールフェルダー Google Germany、エンジニアリング部長

Dr.ビーラント・ホールフェルダーとの5分対談

よってバイエルンの何が格別にいいのかを説明して頂いただけではなく、私たちのブログでも再度もっと深めてお聞きしました:なぜミュンヘンですか?カリフォルニア州のシリコンバレーとはバイエルンのデジタルバレーが違う点はどこですか?Googleはどのようにして最も優秀な技術系社員を獲得していますか?

30.01.2018
5分インタビュー:Google Germany、エンジニアリング部長のDr.ビーラント・ホールフェルダー

5分インタビュー:Google Germany、エンジニアリング部長のDr.ビーラント・ホールフェルダー

テクノロジージャイアントGoogleによる豊富なアプリケーションとデバイスなしの日常はほぼ誰でも想像がつきません。同社の事業は元々スタンフォード大学の学生寮とカラフルな内装のガレージから始まりました。創業者ラリー・ページとセルゲイ・ブリンの目標は情報を整理して誰でもアクセスできるようにすることでした。その取り組みが功を奏したのです。今やGoogleは世界でいちばんポピュラーなサーチエンジンの一つになりました。Google...

Google Germanyもバイエルンの成功談の一つ

Googleのローンチパッド

シリコンバレーの大企業としてGoogleのケースから、革新のために起業間もない企業がいかに重要かが当然わかります。Googleがローンチパッドによってミュンヘン拠点でも繁栄する起業の世界に貢献していることはバイエルン州の起業家たちにとりさらにためになります。こうした参入はビジネスの発展を加速させる企業や技術および起業インキュベーター、さらにベンチャーキャピタルやビジネスエンジェル投資家からなる既存のエコシステムにとって歓迎すべき内容の豊かさを提供してくれるものです。

Google Engineering Center<

11年以上この拠点にあることで一つのことが明確に変わりました:国際的なICT最先端拠点ミュンヘンはGoogleの開発センター拠点として最適である以上のものを提供できます。設立10周年記念として2016年に新社屋移転を正式に祝賀しました – さらに同拠点での今後の野心を明確にしています。また中期的には800人を超える予定のGoogle社員が革新とデータ保護を推進していきます。これによってGoogleはミュンヘンそしてバイエルン州の意義を国際的デジタル業界でおおいに高める著名大企業のリストに並びます。

Googleの未来ワークショップ

デジタル教育はGoogleの場合重要な位置を占め、これは起業家や一部のデジタル後継者にとってばかりではなく、全ての利害関係者にとっても重要なことです。2017年以来Googleはミュンヘンの未来ワークショップで多くのデジタル教育オプションにより、学校課程や職業教育として、個人的に興味をもつ人や自社をとりまく人々についてのいずれかを問わず職業の継続教育を提供しています。これでGoogleはここ自由州における既存のデジタル教育プログラムを補完しています。