最良の見通し: バイエルン州のどこに新たな物のための空間が開けているか

将来の製造業はどのような姿になっているでしょうか? アイデアを展開し、発明者に合い、専門知識を束ねることができるのはどこでしょうか? ハイテクは工業地帯でしか生まれないのかあるいはそれ以外の田舎でも可能なのでしょうか – 人間と自然が昔から新たな物を生むために力を補給する環境の中で生まれるのでしょうか?

高フランケン地方の隠れたチャンピオンConcept Laser社の視点から見たバイエルン州

3D金属印刷を商業化まで成熟させ、ゼネラル・エレクトリックと協力して積層造形の未来市場を制覇すると見られる発明者に語っていただきました: Concept Laserのフランク・ヘアツォークCEOにイノベーション精神、経済力、生活の質からなる最適な合成物が同氏や提携先にとって何を意味しているかについて説明していただきました。

今日の田舎は社会がますますデジタル化するに伴い、25年前の田舎とは全く似ても似つかなくなりました。バイエルン州は伝統を現代の社会進化と共に他に類を見ない魅力と結合し、しかも時代の先端に立っています。 フランク・ヘアツォーク(Frank Herzog) Concept Laserの創業者・CEO、2017年以降GE Additive傘下

フランク・ヘアツォーク氏の5分インタビュー

フランク・ヘアツォーク氏とは「Holy Mountain」(神聖な山)のあだ名があるシュタフェルベルクでのビデオ撮影のためにのみ話していただいただけにとどまりません。ブログでもConcept LaserのCEOが同社にとってバイエルン州の何がメリットかをご説明いただきました: Concept Laserが高フランケン地方を最低な拠点に選んだ理由は? 人工知能とインダストリー4.0から同社はどの程度メリットを受けていますか? 新たな3DキャンパスとConcept Academyに同社はどんな関わりを維持していますか? 

31.10.2018
5分インタビュー… フランク・ヘアツォークさん、Concept Laser創業者・CEO

5分インタビュー… フランク・ヘアツォークさん、Concept Laser創業者・CEO

高フランケンの企業Concept Laserは金属利用の3D印刷のパイオニアで、この業界では世界市場のリーダーです。すなわち、2000年に設立された同社はインダストリー4.0戦略に基幹的貢献を果たしています。2016年12月以来同社は米国の世界企業ゼネラルエレクトリック(GE)がConcept Laserの過半数株を保有します。2018年秋、リヒテンフェルズ本拠地に約1億ユーロにも上る3Dキャンパスの新設起工式が行われました。フランク・ヘアツォークさんと同社の急成長について話しました。

高フランケンにあるConcept Laser – 起業から世界市場のリーダーシップに至るまで

インダストリー4.0の推進役としてのConcept Laser

Concept Laserは積層造形のパイオニアで、インダストリー4.0戦略の推進役です。設計から最終部品までデジタルプロセスのおかげで新しい製造プロセスはメーカーにもその他の業界にも大きなメリットをもたらしてくれました。Concept Laserはこうしたプロセスのおかげで業界横断的イノベーションに貴重な貢献をしています。

Concept Laserによる刷新的イノベーション

デジタル化の波の中で3D印刷は多くの業界で利用されています: 医療技術から歯科技術や航空宇宙業界、さらに自動車業界や工作機械、金型製造にも利用されています。時計生産や宝飾業界でも3D印刷の役目はますます重要になっており、従来の生産プロセスと比較し、全く新しい製品を可能にします。

バイエルン州の若い有能人材に投資するConcept Laser

Concept Laserは有能な人材を雇うためバイエルン州のエリート高等教育機関に注目しているだけではなく、自発的イニシアチブも推進しています。Concept Academyでは若手が企業勤務にわくわくしています: 実習に加えConcept Academyはコブルク専科大学と協力してデュアル教育の担い手になっています。