研究と技術革新

バイエルン州には国際的な有名大学、学外研究機関、企業の研究施設、各種団体から成るネットワークがあり、それは歴史と共に成長し、細分化されてきました。

州内のさまざまな大学の存在が、研究開発を支える柱であり、イノベーションを推し進めるモーターとなっています。9つの公立総合大学(そのうちミュンヘン大学(LMU)ミュンヘン工科大学(TUM)は「エリート大学」に数えられます)、24の応用科学系専門単科大学、ミュンヘン映像映画大学、そして多くの私立教育機関が有能な次世代の人材を育て、あらゆる業種の先進的な企業に、興味深い事業提携の可能性を提供しています。

また、マックス・プランク協会ドイツ航空宇宙センターフラウンホーファー研究機構といった著名な学術研究機関や、ヘルムホルツ協会ライプニッツ協会などでは、さまざまな研究分野に従事する科学者が世界中から集まり日々研究を進めています。

バイエルン州のテクノロジー・クラスターは、迅速な知識移転を可能にし、これにより企業家には、研究を万人の利益のために生かすチャンスが生まれます。これらはすべて「種まき」です。バイエルン州の、そしてここに拠点を持つ全ての企業の将来のための投資なのです。

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。

情報サービス

パンフレット 投資ガイドブック

Investorenreiseführer

ダウンロード 英語

担当者