デジタル化政策

朝、タブレットで朝刊をチェック。音楽はストリーミングで流し、車も地下鉄も自動運転。デジタル技術のない生活は、今日ではもはや考えられません。


産業界においてもデジタル化は大きな変革をもたらしました。代表的な例には、スマートファクトリー、ビッグデータ、モバイルソリューション、ITセキュリティなどが挙げられますが、それだけではありません。


40% 全ドイツのIT企業のうちバイエルン州に拠点を持つ企業の比率

バイエルン州はICT拠点として国際的にもその高い質が評価されています。マイクロソフト社創業者のビル・ゲイツがかつてバイエルン州を「ヨーロッパの『ハイテクのメッカ』」と称したように、今日では欧州委員会が行った調査でも、ミュンヘンはロンドン、パリをしのぐ「トップICT拠点」の第1位に選ばれました。

輝くバイエルン州

企業の成功には適切な枠組みが必要です

バイエルン州にはデジタル化を成功裏にすすめる環境と必要な能力が備わっています。

  • 世界最高水準の自動車、工作機械、CT(スキャン)装置はバイエルン州で製造されています。これら全ての分野において、デジタル化の重要性は高まる一方です。大企業のBMWやアウディだけではなく大部分の中小企業も、デジタルソリューションや革新的なスタートアップの斬新なアイディアを必要とするIT企業へと変化しています。
  • バイエルン州では産業を支援する政策が行われています。州政府は今後5年間で15億ユーロをデジタル化の推進に投入します。これは若い起業家や研究に力を入れる企業にメリットをもたらします。
  • デジタル化には優秀な人材とそのための優れた教育機関が必要です。ミュンヘンの二大大学であるミュンヘン大学(LMU)とミュンヘン工科大学(TUM)はドイツを代表するエリート大学です。さらにミュンヘン工科大学のガルヒング・キャンパスは、ヨーロッパ最大級の科学・ハイテクキャンパスへと発展しようとしています。また、デジタル化推進政策の一環として、今後20年間でデジタル化の主要テーマを強化すべく、バイエルン州全域で20の教授職が増設され、さらに多くの人材の育成が予定されています。
  • 同じ分野で活動する者同士の交流により、さらなる改善が生まれることは少なくありません。バイエルン州ではさまざまな方法でネットワークの構築が可能です。実際に、クラスターの密集構造により、既に経済と学問の交流は行われています。数年以内には、ITセキュリティ、製品の電子化、ネットワークド・モビリティといった、デジタル化の主要テーマの事業を進めるための新しいプラットフォームが登場する予定です。

一目でわかるバイエルン州進出のメリット

ミュンヘンはヨーロッパのトップICTハブ
% ― バイエルン州の達成した全産業の付加価値率。巨大な販売市場
バイエルン州のデジタル化政策投資予算
ミュンヘンに拠点を置くICT企業の数

最適なタイミングで最適な拠点を選択しましょう

企業にとってデジタル化の波は素晴らしいチャンスです。このチャンスをぜひ生かしてください。最適なタイミングで最適な拠点を選択してください。無限の可能性が開ける場所に、踏み出してみませんか。どうぞバイエルン州にいらしてください!

Newsletter

バイエルン州に関する興味深いトピックを毎月通知されるようにしたいですか?
今すぐ当社のニュースレターにサインアップしてください。